of 57 /57
第1章 DB2のアーキテクチャ 本書に含まれている情報は、正式なIBMのテストを受けていません。また、明記にしろ、暗黙的にしろ、なんらの保証もなしに配布されるものです。 この情報の使用またはこれらの技術の実施は、いずれも、使用先の責任において行われるべきものであり、それらを評価し、実際に使用する環境に統合する 使用先の判断に依存しています。それぞれの項目は、ある特定の状態において正確であることがIBMによって調べられていますが、他のところで同じまたは同 様の結果が得られる保証はありません。これらの技術を自身の環境に適用することを試みる使用先は、自己の責任において行う必要があります。 © Copyright IBM Japan Co., Ltd. 2011

第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

  • Upload
    dangnga

  • View
    252

  • Download
    11

Embed Size (px)

Citation preview

Page 1: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

第1章

DB2のアーキテクチャ

本書に含まれている情報は、正式なIBMのテストを受けていません。また、明記にしろ、暗黙的にしろ、なんらの保証もなしに配布されるものです。

この情報の使用またはこれらの技術の実施は、いずれも、使用先の責任において行われるべきものであり、それらを評価し、実際に使用する環境に統合する

使用先の判断に依存しています。それぞれの項目は、ある特定の状態において正確であることがIBMによって調べられていますが、他のところで同じまたは同

様の結果が得られる保証はありません。これらの技術を自身の環境に適用することを試みる使用先は、自己の責任において行う必要があります。

© Copyright IBM Japan Co., Ltd. 2011

Page 2: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation22

• DB2 ファミリー製品

• Oracle、DB2の用語の比較

• DB2とOracleのアーキテクチャ比較

• メモリー

• プロセス

• ファイルシステム構造

• データ、カタログ領域

• セキュリティ

• DB2の基本、ツール

• インストール

• インスタンス管理

• ストレージ管理

• 接続管理

• 管理ツール

• 基本操作の違い

内容

Page 3: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation3

DB2 ファミリー製品DB2 ファミリー製品

Page 4: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation44

DB2 ファミリー製品

DB2 Personal EditionLinux (32bit/64bit)Windows (32bit/64bit)

DB2 Workgroup Server EditionLinux (32bit/64bit)Linux Power (64bit)Windows (32bit/64bit)AIX (64bit)Solaris (64bit)HP-UX (64bit)

DB2 Enterprise Server EditionLinux (64bit)Linux Power (64bit)Linux zSeries (64bit)Windows (32bit/64bit)AIX (64bit)HP-UX (64bit)Solaris (64bit)

DB2 Express EditionLinux (32bit/64bit)Linux Power (64bit)Windows (32bit/64bit)Solaris (x86-64)

DB2 Enterprise 9

DB2 Workgroup 9

DB2 Express 9

DB2 Personal 9

Database Enterprise Developer EditionAll Servers and clients supported by DB2

For Developer

• DB2 9.7• DB2 Data Server の最新Version

• 2009年5月にアナウンス

2009年6月リリース

DB2 Advanced Enterprise Server Edition

Page 5: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation55

DB2 9.7 エディション

• IBM DB2 Enterprise Server Edition 9.7 (ESE)

• DB2 Enterprise 9.7 は、中規模企業から大企業向けのデータベース・サーバー

• プロセッサー数やメモリーサイズの制限なし

• 以下の機能を含む

• PL/SQL、pureXML、HADR、オンライン再編成、拡張コピーサービス、MQT、

MDC、テーブル・パーティショニング機能など

• IBM DB2 Workgroup Server Edition 9.7 (WSE)

• DB2 Workgroup 9.7 は中小企業向けのデータベース・サーバー

• 「最大

16CPU コア、メモリー

64GB 以内」の制限あり

• PL/SQL、pureXML, HADR、オンライン再編成機能、pureScale(*1)を含む

(*1) 全クラスターのソケット総数4まで

Page 6: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation66

DB2 9.7 エディション

• IBM DB2 Advanced Enterprise Server Edition 9.7 (AESE)

• DB2 Enterprise 9.7 は、中規模企業から大企業向けのデータベース・サーバー

• プロセッサー数やメモリー制限なし

• DB2 Enterprise Server Editionに加えて、下記のオプション機能を含む

• データ行圧縮

• ワークロード管理

• Optim Performance Manager• ラベル・ベースのアクセス制御

• Qレプリケーション(IBM MQを使用した高速レプリケーション)

(限定付:注1)• フェデレーション(他社DBとのデータ連携機能)

(限定付:注2)

(注1)DB2の間の1ペアに限定されたレプリケーション

(注2)DB2 とOracle Database(または DB2)間のデータ連携に限る

Page 7: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation77

DB2 9.7 エディション

• IBM DB2 Express Edition 9.7 • DB2 Express 9.7は、中規模ビジネス(SMB)市場向けに、DB2のフルファンクションを

低価格で提供

• 「最大200 PVU(*1) 、メモリー

4GB 以内」の制限あり

• pureXML機能を含む

• IBM DB2 Express-C

• ライセンス無償で使用可能

• 「最大

2CPUコア、メモリー

2 GB 以内」の制限あり

• pureXML機能を含む

(*1) PVU: プロセッサー

Value Unit

Page 8: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation88

DB2 9.7 クライアント

• IBM Data Server Client• アプリケーション開発、DB管理、クライアント/サーバー構成のための機能を提供

• IBM Data Server Runtime Client• JDBC, ADOODBC, DB2 CLI, .NET, ADO.NET, OLE DB, PHP ,Ruby をサポート

• GUIツールは含まれていないが、DB2 CLP機能を含む

• IBM Data Server Driver for ODBC, CLI, and .NET• DB2 CLI API、ODBC API、.NET API を使用するアプリケーションに対するランタイム・

サポートを提供するWindowsプラットフォーム用のクライアント

• IBM Data Server Driver for JDBC and SQLJ• Java ストアード・プロシージャーおよびユーザー定義関数のデフォルトのドライバー

• JDBC 3 および

JDBC 4 準拠アプリケーションのサポート、SQLJのサポートを提供

Page 9: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation99

DB2 V9.7 フィーチャーDB2 V9.7 Features Adv.

ESEESE WSE Express 課金単位 含まれる機能

DB2 High Availability Feature (HAF) (組込み) (組込み) (組込み)

● 許可ユーザー

PVU

HADR, オンライン再編成、

TSA, 拡張コピー・サービス

DB2 pureScale Feature ● ●(組込み)*

許可ユーザー

PVU

連続稼働と無限の拡張性

を実現するクラスタリング・

テクノロジー

DB2 Performance Optimization Feature (POF)

(組込み)● 許可ユーザー

PVU

DB2 ワークロード管理,

Optim Performance Manager,

Query Patroller

DB2 Storage Optimization Feature (SOF) (組込み)

● PVU データ行圧縮、索引圧縮、

一時表圧縮

DB2 Advanced Access Control Feature (AACF) (組込み)

● 許可ユーザー

PVU

ラベル・ベースのアクセス

制御

(LBAC)

DB2 Geodetic Data Management Feature ● ● 許可ユーザー

PVU

空間情報管理

Homogeneous Replication

Feature (組込み)● PVU DB2間のQレプリケーショ

※ Featureは●の箇所のみになります

*: クラスターのすべてのサーバーでDB2が稼働するのは4ソケットまで

Page 10: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation10

Oracle、DB2の用語の比較Oracle、DB2の用語の比較

Page 11: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation1111

Oracle、DB2用語の比較 (1)

Oracle DB2 Commentインスタンス インスタンス プロセスと共有メモリーから構成され

る。DB2インスタンスは、データベー

ス・マネージャー(DBM)とも呼ばれる。

DB2は1インスタンスに複数DBをもつ

ことが可能。Oracleインスタンスは、1 インスタンス1DB。

データベース データベース DB2:1インスタンスに複数DB作成可

パラメータファイル データベース・マネージャー構成

ファイル

データベース構成ファイル

Oracle: インスタンス、DBのパラメー

ターを格納するファイル

DB2: DB毎にDB構成ファイルを持つ

データ・ブロック ページ データ格納の最小単位

エクステント エクステント 連続したデータ・ブロック/ページの

セット

セグメント オブジェクト Oracle: エクステントの集合で論理記

憶構造に割り当てられる

Page 12: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation1212

Oracle、DB2用語の比較 (2)Oracle DB2 Comment表スペース 表スペース データを格納する領域

データ・ファイル DMS コンテナー データを格納する物理領域

Redo ログファイル

アーカイブ・Redoログファイル

アクティブ・ログファイル

アーカイブ・ログファイル

リカバリーログ

PL/SQL SQL/PL SQLを拡張したプログラミング言

データ・バッファー バッファープール 表スペースへのI/Oを減らすため

のバッファー

SGA インスタンス共有メモリー インスタンス起動時に割り当てら

れるメモリー領域

データ・ディクショナリ システム・カタログ データベースのメタデータ

ライブラリー・キャッシュ パッケージ・キャッシュ コンパイルしたSQLをキャッシュ

するために使用される領域

ラージ・プール ユーテリティ・ヒープ バックアップ等のヒープ領域

データ・ディクショナリキャッシュ カタログキャッシュ システムカタログ情報のキャッ

シュ領域

SYSTEM表領域 カタログ表スペース データ・ディクショナリやカタログ

情報を格納する表領域

Page 13: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation13

DB2とOracleのアーキテクチャ比較DB2とOracleのアーキテクチャ比較

Page 14: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation1414

DB2とOracleのアーキテクチャ比較

• アーキテクチャ概要

• メモリー・アーキテクチャ

• プロセス

• ファイル、ディレクトリ構造

• データ・ディレクトリ、カタログ

• セキュリティ

Page 15: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation1515

アーキテクチャ概要– Oracle

• Oracle : 3層構造

• 上位層は、メモリーアーキテク

チャ

• 中間層は、プロセスコンポーネ

ント

• 下位層は、データベースコン

ポーネント

JavaPool

DatabaseBufferCache

DataDictionary

Cache

OracleArchitectureOracleArchitecture

ArchiveLogFiles

DataFiles

RedoLog

Files

Oracle Oracle DatabaseDatabase

RECO

Oracle Oracle ProcessesProcesses

LibraryCache

Init.Ora

RedoLog

Buffer

SGASGAPPGGAA

User Processes

User Processes

User Processes

User Processes

PMON

ControlFiles

ARCnCKPTDBWn LGWRSMON

Shared Pool

LargePool

StreamsPool

InstanceInstance

Page 16: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation1616

アーキテクチャ概要

– DB2

• DB2:クライアント/サーバーモデル

• DB2は全てのプラットフォームで、

スレッドベースで実装されている

• DBMSとしての基本的な動きは

Oracleと同様

• 例• 更新データは必ずログに書き込ま

れ、COMMITのタイミングでディス

クに書き出される

• 表スペースへの反映はBFPを介し

て非同期に行われる

Page 17: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation1717

メモリー・アーキテクチャ– Oracle

• SGA と

PGA• Oracleのメモリー構造はシステム・グローバル領域(SGA)とプログラム・グ

ローバル領域(PGA)から構成される

• SGA

• インスタンス起動時に割り当てられる共有メモリー領域

• SGAは共有プール、データベース・バッファー・キャッシュ、REDOログ・バッ

ファーとして使用される

• PGA• 特定のサーバー・

プロセスだけで使用

される非共有領域

SGA

Shared PoolLibrary Cache

Data Dictcache

DataBufferCache

RedoLog

Buffer

PGA

Server Process

Instance

PGAPGA

Page 18: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation1818

メモリー・アーキテクチャ– DB2

• DB2 は大きく3つの共有メモリー領

域がある

• インスタンス・メモリー

• データベース・メモリー• データベース・メモリーの例:

• バッファー・プール

• ロック・リスト

• データベース・ヒープ

• ユーティリティ・ヒープ

• パッケージ・キャッシュ

• カタログ・キャッシュ

• アプリケーション・メモリー

Database_ memory

Appl_memory

Database_A

Database_ memory

Appl_memory

Database_B

DBMS Memory

Instance_memory

Agent Private Memory

Page 19: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation1919

プロセス

– Oracle

• バックグラウンド・プロセス

• データベース・ライター

(DBWR)• ログ・ライター(LGWR)• システム・モニター

(SMON)• プロセス・モニター

(PMON)• チェックポイント

(CKPT)• リカバラ・プロセス(RECO)• アーカイバ

・プロセス(ARCn)• ディスパッチャー・プロセス

(Dnnn)

• ユーザー・プロセスとサーバープロセス• アプリケーションとOracle間の通信に

使用される

• アプリケーションの接続の毎に、ユーザープロセスと

サーバープロセスのペアが作成される

• リスナー• 接続要求をリスニングする

Page 20: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation2020

プロセス

– DB2

• サーバー側では、アクティビティーはエンジン・

ディスパッチ可能単位(EDU)で制御される

• データベースサーバー スレッド及びプロセス

• db2sysc、メイン・システム・コントローラ

EDUは、重要な

DB2 データベース・サー

バー・イベントを処理する

• db2pfchr、バッファー・プール・プリフェッ

チャー用

• db2pclnr、バッファー・プール・ページ・ク

リーナー用

• db2logmgr、ログ・マネージャ用。リカバ

リー可能なデータベースのログファイルを

管理

• クライアント

• クライアント

EDUやプロセスは、データベース

との最初の接触を、リスナーを通じて行う

• db2agent• db2fmp

Page 21: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation2121

Instance Database

ファイル・ディレクトリ構造

– Oracle• Oracle データベースファイル

• Oracle ディレクトリ構造(OFA基準)

Parameter file

Control fileDatafiles Redo log files

Password file

Alert and trace log file

Page 22: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation2222

ファイル・ディレクトリ構造– DB2

• DB2 ディレクトリ構造

• DB2コピーディレクトリー

• インスタンスディレクトリ:• エラーログファイル

(db2dump)• サーバーサイドプログラム

(function) など

• データベースディレクトリ:• データベースファイル

(SQL0000n)• トランザクションログ

(SQLOGDIR)• 自動ストレージパス

(Nodennnn/DBNAME)

• 表スペースコンテナー

• 以下のパスは、任意のパスに設定

• db2dump• トランザクションログディレクトリ

• 自動ストレージパス

• 表スペースコンテナー

(非自動ストレージ)

Drive/Directory

DB2 instance name

Node0000

SQL00001

DBNAME

SQLOGDIR

C0000000.CATT0000000

T0000001 C0000000.CAT

T0000002 C0000000.LRG

SQLDBCONF

The partition number of the database, 0 for a non-partitioned database

The database id starts at 1 and increases for all subsequent database

The database configuration file

The directory for default log files

The DMS container for catalog tablespace

The SMS container for default system temporary tablespaceThe DMS container for default user tablespace

Drive/Directory

sqllib

Error log file

All the external stored procedures and executable programs are stored in here

db2dump

function

Instance directory

Database directoryetc...

Page 23: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation2323

データ・ディクショナリ、カタログ

Oracle: データ・ディクショナリ

• User_xxx ビュー

• 現在のユーザーが所有するオブジェクトに関する情報を表示するビュー

• ALL_xxx ビュー

• 現在のユーザーがアクセス可能な全てのオブジェクトに関する情報を表示するビュー

• DBA_xxx ビュー

• データベース管理ビュー

• データベース内の全オブジェクトに関する情報を表示するビュー

• DB2: Catalog• SYSCAT ビュー

• 参照のみ可能なDBのオブジェクト情報のビュー

• SYSSTAT ビュー

• 更新可能な統計情報のビュー

DB2 9.7 では、Oracleデータディクショナリを、DB2のカタログ表のエントリーに

マッピングし、同じ名前のビューとして提供している

Page 24: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation2424

セキュリティ

– Oracle

• Oracle• データベースを使用するユーザーは、事前にOracle内でユーザーとして作成されて

いる必要がある

• データベース内の情報でユーザーを認証

• パスワードは、データ・ディクショナリに暗号化されて格納される

USER ken PASSWORD a@x?s

Authentication OK/NG

I'm kenOracle

Database

....

............

Page 25: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation2525

• DB2• DB2は、ユーザー認証はOSに依存するため、データベース内への登録は不要

• OSのログインIDとデータベース・ユーザー名の区別はない

• OSにデータベースに接続するユーザーを作成しておく必要がある

SYSADM

SYSCTRL

SYSMAINT

DBADM

USER ken PASSWORD a@x?s

ACCESS

OK

DB2 は特権の情報は

データベース内で持つ

セキュリティ

– DB2

Authentication OK/NG

I'm ken

Can Iaccess? NO

....DB2Data

Server

....

....

Page 26: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation26

DB2の基本、ツールDB2の基本、ツール

Page 27: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation2727

DB2基本操作と管理

• DB2 管理タスク

• インストール

• インスタンス管理

• データベース

• 構成パラメーター

• ストレージ

• 表スペース

• 通信の構成

• 管理ツール

• IBM Optim Database Administrator

Page 28: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation28

インストール

• DB2の2通りのインストール方法

• db2setupを使用した、Java GUIによるインストール

• ダウンロードしたファイルを展開したディレクトリのsetup.exe (UNIX/Linuxはdb2setup)で

• ランチパッドを起動

• db2_installを使用したCUIによるインストール(UNIX/Linuxのみ)

• telnet等のCUIからDB2のインストールが可能

• ESEを導入する際の、実行コマンドの例

• db2_install -b /opt/IBM/db2/V9.7_01 -p ESE -L JP• 上記の例で指定したパラメータの意味について

• 「-b /opt/IBM/db2/V9.7_01」

:インストール先を指定

• 「-p ESE」 :インストールするDB2製品を指定(例ではESE)

• 「-L JP」

:日本語パッケージの導入を指定

• ※考慮点

• db2_installを使用する場合、導入するコンポーネントの選択ができない。

• db2setupではオプションだが、db2_installでは導入されるオプション

• Infomix データ・ソース・サポート

• コントロール・サーバー

など

Page 29: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation29

GUIによるインストール「製品のインストール」からセットアップ・ウィザードを起動

【ご参考】

DB2 9.7 インストール・ガイド(Windows編)

http://www.ibm.com/developerworks/jp/data/library/db2/j_d-db2v97wininstall/

Page 30: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation30

インストールの実行

db2_install (1/2)> ls -l

total 1563456

-rw-r-----

1 root system 800481280 Mar 06 15:12 DB2_ESE_V95_AIX.tar

drwxr-xr-x 6 root system 4096 Mar 06 17:40 ese

> cd ese

> ls -l

total 120

drwxr-xr-x 6 daemon staff 4096 Oct 04 2007 db2

-r-xr-xr-x 1 bin bin 4700 Oct 04 2007 db2_deinstall

-r-xr-xr-x 1 bin bin 4570 Oct 04 2007 db2_install

-r-xr-xr-x 1 bin bin 4560 Oct 04 2007 db2prereqcheck

-r-xr-xr-x 1 bin bin 4552 Oct 04 2007 db2setup

drwxr-xr-x 16 bin bin 4096 Oct 04 2007 doc

-r-xr-xr-x 1 bin bin 4588 Oct 04 2007 installFixPack

drwxr-xr-x 5 root system 256 Oct 04 2007 nlpack

drwxr-xr-x 15 bin bin 4096 Oct 04 2007 readmefirst

-r--r--r--

1 bin bin 1503 Oct 04 2007 readmefirst.htm

-r--r--r--

1 bin bin 678 Oct 04 2007 readmefirst.txt

> ./db2_install -b /opt/IBM/db2/V9.7_01 -p ESE -L JP

DB2 インストールを初期化しています。

実行されるタスクの合計数: 45

実行される全タスクの合計見積もり時間: 1828

タスク

#1 を開始します。

説明: 非同期入出力を使用可狽ノする

見積もり時間

2 秒

タスク

#1 が終了しました。

<中略>

正常に実行が完了しました。

詳しくは、"/tmp/db2_install.log.1241120" にある

DB2インストール・ログを参照してください。

インストールのログは/tmp配下に

出力される。

Page 31: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation31

インストールの実行

db2_install (2/2)

> cd /opt/IBM/db2/V9.7_01/installdb2_deinstall db2chgpath db2ls_exec logsdb2_deinstall_exec db2ls db2un.rsp tsamp

> ./db2ls

インストール・パス

レベル

フィックスパック

特別なインストール番号

インストール日付

インストーラー

UID

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

/opt/IBM/db2/V9.7 9.7.0.0 0 Fri Mar 6 16:02:06 2009 JST 0

> ./db2ls -q -b /opt/IBM/db2/V9.7_01

インストール・パス: /opt/IBM/db2/V9.7_01

フィーチャーの応答ファイル

ID レベル

フィックスパック

フィーチャーの説明

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

BASE_CLIENT 9.7.0.0 0 Base client support

JAVA_SUPPORT 9.7.0.0 0 Java support

SQL_PROCEDURES 9.7.0.0 0 SQL procedures

BASE_DB2_ENGINE 9.7.0.0 0 Base server support

JDK 9.7.0.0 0 IBM Software Development Kit (SDK) for Java(TM)

CONNECT_SUPPORT 9.7.0.0 0 Connect

support

COMMUNICATION_SUPPORT_TCPIP 9.7.0.0 0 Communication support -

TCP/IP

REPL_CLIENT 9.7.0.0 0 Replication tools

DB2_DATA_SOURCE_SUPPORT 9.7.0.0 0 DB2 data source support

<以下略>

「-q -b」オプションで、指定したイン

ストール・パスに導入されているコ

ンポーネントを確認可能

Page 32: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation3232

DB2 インスタンス管理

• DB2製品のインストールされたコードセットを、

“DB2 copy”という

• 1つのOS上に複数のDB2コピーを作成可能

• DB2 コピーのコードレベル

(バージョンや、fix pack レベル) が同一でも異なっていてもよい

• DB2インストール後に、インスタンスが作成される

• 1インスタンスは、1DB2コピーと対応する

• 1DB2コピーは複数のインスタンスを持つことが可能

• DB2 インスタンスはDB2コピー間を移動させることが可能

Operating SystemDB2 Copy A/opt/IBM/db2/V9.7_GA

DB2 Copy B/opt/IBM/db2/V9.7_FP1

db2inst1 db2inst2 db2inst2

db2iupdt コマンドでインスタンスを移行

Page 33: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation3333

DB2 インスタンス管理

• インスタンス作成

• rootユーザーでインスタンス作成を実行

• インスタンスを作成

: db2icrt• 現在あるインスタンスをリストし、インスタンスが作成されたことを確認

• インスタンスをリスト: db2ilist• 現在のDB2コピーのインスタンス・ディレクトリーでコマンドを実行

• インスタンス起動• インスタンス作成後、インスタンス・ユーザーでインスタンスの起動を実行

• インスタンスを開始: db2start• インスタンスを停止: db2stop

• インスタンスが活動状態かどうか調べる

• DB2インスタンスが活動状態かどうか調べる

• インスタンスのプロセスが存在しているかどうか、db2_psコマンドで確認することが可能

(Linux/UNIX only)

• インスタンス作成・削除・更新• インスタンスを削除: db2idrop• インスタンスを更新: db2iupdt

• 新しいDB2コピー側でコマンドを実行

• インスタンスを移行: db2iupgrade (旧:db2imigr)• 新しいDB2コピー側でコマンドを実行

db2_ps

db2icrt -u db2fenc1 db2inst1

Page 34: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation3434

• データベース

• DB2では、1インスタンスに複数DBを作成、実行可能

• DB2はスレッドモデルで実行されるため、複数DB環境でも、1つのdb2syscプロセスで実

行される

• アクティブなスレッド(EDU)は“db2pd -edus” コマンドで確認可能

• データベース作成

• DB1 という名前のデータベースを作成

• DBを作成するパスを

“on <full path>” オプションで指定可能

• データベース削除

• データベースへの接続がある場合は、データベースの削除が失敗する

DB2 データベース

db2 create database DB1 on /db2/db1

db2 drop database DB1

db2inst1DB2DB1

TablespaceB Tablespace1 Tablespace2TablespaceA

Page 35: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation3535

DB2 構成パラメーター

DB2の構成パラメーターは以下のレベルで構成

環境変数

システム

レジストリー変数(g)

DB2

インスタンス

データベース

レジストリー変数(i)

DBM CFG

DB CFG

環境変数でレジストリー変数を上書きできる

プロファイル・レジストリー(g)

(グローバル)

プロファイル・レジストリー(i)

(インスタンス)

データベース・マネージャー構成パラメーター

データベース構成パラメーター

影響範囲:インスタンス内の全DBに適用

影響範囲:単体のDB内に適用

影響範囲:インスタンス内(i)

影響範囲:システム全体(g)

Page 36: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation3636

• 表スペース

• データを格納する論理的な領域

• 表や索引などのデータが、表スペースに格納される

• ストレージ管理方法

• 自動ストレージ管理

• 表スペース作成時、DB2がデータベース作成時に指定したストレージ・パスに自動的

にコンテナを作成する

• 表スペース、コンテナーの管理が必要なくなる

• 手動でのストレージ管理

• 表スペース作成時にパスを指定する

DB2 ストレージ

Non-Automatic Storage

Database “X”

TableSpace “A”

TableSpace “B”

TableSpace “C”

Automatic StorageDatabase “Y”

TableSpace “A”

TableSpace “B”

TableSpace “C”

Storage paths on file systems

Page 37: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation3737

• 自動ストレージへの変更方法

• DB作成時に指定

• デフォルトでは、自動ストレージデータベースとして作成される

• デフォルトの自動ストレージパスはデータベースパスに作成される

(<instance name>/<Node000n>/<database name>/T000000n)• 既存のDBに指定

• DBへ自動ストレージパスを削除、または追加することが可能

• 変更を反映するためには表スペースのリバランスが必要

DB2 ストレージ

alter database add/drop automatic storage on '<storage path>'

Page 38: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation3838

• 表スペース作成のシンタックス例

• 表スペースの属性を選択

• 表スペースタイプ

• ユーザー表スペース (1つ以上)• ユーザー定義の表を全て含む

• デフォルトでは、

USERSPACE1という表スペースが作成される

• システム一時表スペース (各ページサイズ毎に必要)• ソートやJOINなど、データベース・マネージャーが必要としたときにデータを格納

• ユーザー一時表スペース (1つ以上)• DECLARE GLOBAL TEMPORARY TABLEで作成された表の一時データを格納

• カタログ表スペース

(作成の必要はない)• データベースのシステムカタログ表を全て含む

• デフォルトで作成されるSYSCATSPACEは削除することは出来ない

DB2 表スペース

CREATE TABLESPACE TS1 PAGESIZE 16KMANAGED BY DATABASE USING

( FILE '/db2/ts1.dat' 1000M)

Page 39: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation3939

• 表スペース属性を選択

• ストレージ・タイプ

• System Managed Space (SMS)• OSによってストレージ領域を管理

• データへのアクセスはOSによって制御される

• 領域は必要に応じて割り当てられる

• 小規模データベースに向いている(データ量の増加に伴って、自動的に

ファイルサイズが大きくなる)

• Database Managed Space (DMS)• ファイルかraw デバイスの2種類がある

• DB2が管理するため処理が高速になる

• パフォーマンスを重視する場合に向いている

• 自動表スペースの場合はDMS FILEとなる

DB2 表スペース

Page 40: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation4040

• 表スペース属性の選択

• ページサイズ• ページサイズは、4KB / 8KB / 16KB / 32KB から選択

• レコード長はページ・サイズより小さくなければならない

• 表スペースのページ・サイズは以下のページ・サイズを合わせる必要がある

• バッファー・プール

• システム一時表スペース

• ファイルシステム・キャッシング

• SMS 、DMS File の表スペースはファイルシステム・キャッシュを使用することができる(デフォル

トでは使用しない)

• Large object (CLOB/BLOB)のI/Oを減らすことが可能

DB2 表スペース

ページサイズ 行の最大長 最大列数 表スペースのサイズ制限

(Large)*

4KB 4005 500 8TB8KB 8101 1012 16TB16KB 16293 1012 32TB32KB 32677 1012 64TB

*DMS表スペースの場合

Page 41: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation4141

• 表スペース作成 : コマンド例

• SMS表スペースを作成

• 16KBのページ・サイズのDMS表スペースを作成

• デフォルト以外のページサイズを指定する場合は、同じページ・サイズのバッファプー

ル名を指定する必要がある

• 自動ストレージの表スペース作成

DB2 表スペース

CREATE TABLESPACE TS1 MANAGED BY SYSTEMUSING ('d:¥TS1_CONT1', 'e:¥TS1_CONT1')

CREATE TABLESPACE TS2 PAGESIZE 16KMANAGED BY DATABASEUSING ( FILE '/db2/cont1/ts1_1.dat 500MB, FILE '/db2/cont2/ts1_2.dat 500MB)BUFFERPOOL BP16K

CREATE TABLESPACE TS3 MANAGED BY AUTOMATIC STORAGE

Page 42: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation4242

DB2 通信の構成

• TCP/IPによる通信の設定はDB2サーバ側、クライアント側それぞれで実施する

• サーバ側では使用するプロトコルやLISTENの設定

• クライアント側ではターゲットにするホスト名、サービス名の設定

DB2クライアント DB2サーバ

ホスト名サービス名

DBカタログ

ノードカタログ

DB名

ノード名

サービス名定義

DBM構成パラメータ

/etc/servicesファイル

SVCENAMESSL_SVCENAME

レジストリー変数

DB2COMM

Page 43: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation4343

DB2 通信の構成

• DB2サーバ側の設定項目

• 通信に使用するプロトコルの設定

• DB2COMMレジストリー変数を使用

• DB2COMM=TCPIP、DB2COMM=SSLなど

• 設定後にDB2インスタンスの再起動が必要

• 設定したプロトコルが使用するポート番号を設定

• DBM構成パラメータで設定する

• 通常のTCP/IP通信はSVCENAMEを、SSLはSSL_SVCENAMEを使用

• 通常はサービス名を使用して定義するが、ポート番号を直接指定することも可能

• 設定したサービス名を/etc/servicesファイルに登録する

• DB2がLISTENするポート番号は、DBサーバ上のすべてのIPアドレスで同じ

• IPアドレスごとに異なるポート番号をLISTENすることはない

$ db2 get dbm cfg |grep SVCETCP/IP Service name (SVCENAME) = DB2_db2inst1SSL service name (SSL_SVCENAME) =

cat /etc/services |grep -i db2DB2_db2inst1 50000/tcp

Page 44: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation4444

DB2 通信の構成

• クライアント側の設定項目

• 接続先の情報はカタログ情報もしくは接続ストリングで保持する

• カタログ情報定義の際には、下記の2つを作成する

• DBサーバのIPアドレス、ポート番号を保持するノードカタログ

• DB名、ノード名を保持するDBカタログ

• 接続ストリングではDB名、IPアドレス、ポート番号の3つを指定する

> db2 list node directoryノード名

= HORIKENコメント

=ディレクトリー項目タイプ

= LOCALプロトコル

= TCPIPホスト名

= horikenサービス名

= 50000

> db2 list db directoryデータベース別名

= LABDBデータベース名

= LABDBノード名

= HORIKEN

String url = "jdbc:db2://horiken:50000/labdb"

Page 45: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation4545

DB2 管理ツール : IBM Optim Database Administrator• DB2やInformix IDSデータベースを、設計、開発、管理、モニタリングする、Eclipseベー

スのツール

• 試用版のダウンロードはこちらから http://www-01.ibm.com/software/data/optim/

Page 46: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation46

基本操作の違い基本操作の違い

Page 47: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation4747

DB2、Oracleの管理コマンド

• インスタンスの起動・停止

• データベース作成

• データベースのバックアップ/リストア

• 表データのExport/Import

• モニタリング

• 基本SQL操作

Page 48: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation4848

• インスタンスの開始

• インスタンスの停止

• 全てのセッションが切断されるまで待つ

• インスタンスの強制停止

• 実行中の全てのトランザクションをロール

バックし、接続を切断する

• インスタンスをメンテナンスモードで起動

インスタンスの起動・停止

startup

shutdown

shutdown immediate

Startup restrict open

db2start

db2stop

db2startdb2 quiesce instance <instance name> immediate force connections

db2stop force

DB2 Oracle

Page 49: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation4949

• サンプルデータベースの作成

• サンプル表やデータを含むデータベースを作成

SQLやXqueryを実行可能

• データベースの作成

• 主なオプション:• “on” は自動ストレージパスを指定し、“dbpath on” はデータベースパスを指定

• デフォルトのページサイズを指定

• データベースの活動化

• データベースは明示的なActivateもしくは、接続によって活動化される

• 非活動化するためには、Deactivateコマンドを実行するか、もしくは全ての接続を切断する

データベースの作成

db2sampl

Create database <db name>

on <path> dbpath on <path>

pagesize <4K / 8K / 16K / 32K >

activate db <db name>

deactivate db <db name>

Oracleのデータベースの起動は、

インスタンス起動時に行われる。DB2では、インスタンスとDBの起動は別。

Page 50: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation5050

データベースのバックアップ

• DB2バックアップユーテリティを使用したバックアップ

• “/backup” ディレクトリへのバックアップを実行

• オンラインのバックアップを実行

• リカバリー・マネージャ(rman)を使用したOracleデータベースのバックアップ

• rmanにログイン

• バックアップ先のパスを

“/backup”に指定

• バックアップを実行

rman target / nocatalog

configure channel device type disk format='/backup/full_db_%U'

backup as backupset database plus archivelog

backup db <database name> to /backup

backup db <database name> online to /backup

Page 51: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation5151

データベースのリストア• DB2バックアップユーテリティを使用したリストア

• “/backup”ディレクトリからのリストア

• 最後のトランザクションログまで適用

• リカバリー・マネージャ(rman)を使用したOracleデータベースのリストア

• rmanにログイン

• チャネルデバイスを

“/backup”に指定 (必要に応じて)

• リストア、リカバリーを実行

• データベースをオープンにする

restore db <database name> from /backup taken at <backup timestamp>

rollforward database <database name> to end of logs and complete

rman target / nocatalog

configure channel device type disk format='/backup/full_db_%U'

RMAN> restore database;RMAN> recover database;

RMAN> alter database open;

Page 52: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation5252

データのExport/Import• DB2

• CSVファイルにSQLステートメントで指定したデータを抽出

• 表にデータを投入 ( replace または insert)

• Oracle• Oracleオリジナルのフォーマットでデータを抽出 (CSV形式ではない)

• exp toolを使用してexportしたデータをimport

export to <export file> of del select * from <table name>

import from <data file> of del [replace | insert] into <table name>

exp "<UID>/<password>@<database name> file<export file> tables=(<table name>)"

imp "<UID>/<password>@<database name> file<export file> tables=(<table name>)"

Page 53: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation5353

モニタリング

(1)

• パラメーター設定情報を取得

• メモリー状況の情報を取得

• 接続しているアプリケーションの情報を取得

• データベースの表名を取得

• データベースの表スペース情報を取得

DB2 Oracle

select * from v$parameter

select * from v$sgaselect * from v$pgastat

select * from v$session

select * from dict

select * from v$tablespace;

select * from sysibmadm.dbcfgselect * from sysibmadm.dbmcfg

select * from sysibmadm.SNAPAPPL_INFO

select * from sysibmadm.SNAPDBM_MEMORY_POOLselect * from sysibmadm.SNAPDB_MEMORY_POOL"

list tables

select * from table(mon_get_tablespace('',-2))

Page 54: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation5454

• 認証に使用されたユーザー名を確認

• 詳細な表の情報を取得

モニタリング

(2)

show userselect current user from sysibm.sysdummy1

select * from sysibmadm.admintabinfo

admintabinfo viewを使用することで、以下のよ

うな情報を入手することが出来る

• 表の属性

• データ、索引、LOBやXMLオブジェクトの実

際のサイズ

• LOAD,REORG,CLEANUP処理等のペン

ディング状態

DB2 Oracle

select * from dba_segments

Page 55: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation5555

基本SQL操作 (1)• データベースへの接続

• DB2

• Oracle

• ダミー表を使用

• DB2(~9.5)

• Oracle DB2 9.7

• 指定した行の結果セットを取得

• DB2(~9.5)

• Oracle DB2 9.7

• 現在のタイムスタンプを取得

• DB2

• Oracle

select sysdate from DUAL

select * from v$parameter where rownum <= 10

connect to <database name> user <UID> using <password>

select current date from sysibm.sysdummy1

select * from sysibmadm.dbcfg fetch first 10 rows only

select systimestamp from dual

select current timestamp from sysibm.sysdummy1 (or dual)

connect <UID>/<password>[@connect_identifier]

Page 56: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation5656

基本SQL操作 (2)

• 日付の操作 (4ヶ月前の次の日)• DB2(~9.5)

• Oracle DB2 9.7

• 時間の操作

• DB2

• Oracle

• 高速なデータ削除

• DB2(~9.5)

• Oracle DB2 9.7

select add_months(sysdate, -4) + 1 from dual

select systimestamp + INTERVAL '0 5:3:10' DAY TO SECOND from dual

truncate table <table name>

select current date - 4 months + 1 days from sysibm.sysdummy1

select current timestamp + 5 HOURS - 3 MINUTES + 10 SECONDS from sysibm.sysdummy1

import from /dev/null of del replace into <table name>

Page 57: 第1章 DB2のアーキテクチャ - IBM - United States (32bit/64bit) O Windows (32bit/64bit) DB2 Workgroup Server Edition O Linux (32bit/64bit) O Linux Power (64bit) O Windows (32bit/64bit)

© 2011 IBM Corporation5757

Let’s go Lab1!!