of 392 /392
Informatica PowerCenter (参照項目 9.5.1) 詳細ワークフローガイド

Informatica PowerCenter - 9.5.1 - 詳細ワークフロー … Documentation...Informatica PowerCenter 詳細ワークフローガイド 参照項目 9.5.1 12月 2012 著作権 1998-2012

  • Author
    others

  • View
    41

  • Download
    1

Embed Size (px)

Text of Informatica PowerCenter - 9.5.1 - 詳細ワークフロー … Documentation...Informatica...

  • Informatica PowerCenter (参照項目 9.5.1)

    詳細ワークフローガイド

  • Informatica PowerCenter 詳細ワークフローガイド

    参照項目 9.5.112月 2012

    著作権 1998-2012 Informatica. すべての権利を保留する.

    本ソフトウェアおよびマニュアルには、Informatica Corporationの所有権下にある情報が収められています。これらは使用および開示の制限等を定めた使用許諾契約のもとに提供され、著作権法により保護されています。本ソフトウェアのリバースエンジニアリングは禁じられています。本マニュアルのいかなる部分も、いかなる手段(電子的複写、写真複写、録音など)によっても、Informatica Corporation の事前の承諾なしに複製または転載することは禁じられています。このソフトウェアは、米国および/または国際的な特許、およびその他の出願中の特許によって保護されています。

    合衆国政府によるソフトウェアの使用、複製または開示は、DFARS 227.7202-1(a)および227.7702-3(a)(1995年)、DFARS252.227-7013(C)(1)(ii)(1988年10月)、FAR 12.212(a)(1995年)、FAR 52.227-19、またはFAR 52.227-14(ALT III)に記載されているとおりに、当該ソフトウェア使用許諾契約に定められた制限によって規制されます。

    本製品または本書の情報は、予告なしに変更されることがあります。お客様が本製品または本書内に問題を発見された場合は、書面にて当社までお知らせください。

    Informatica、Informatica Platform、Informatica Data Services、PowerCenter、PowerCenterRT、PowerCenter Connect、PowerCenterData Analyzer、PowerExchange、PowerMart、Metadata Manager、Informatica Data Quality、Informatica Data Explorer、InformaticaB2B Data Transformation、Informatica B2B Data Exchange、Informatica On Demand、Informatica Identity Resolution、InformaticaApplication Information Lifecycle Management、Informatica Complex Event Processing、Ultra Messaging、およびInformatica MasterData Managementは、Informatica Corporationの米国および世界中の管轄地での商標または登録商標です。その他のすべての企業名および製品名は、それぞれの企業の商標または登録商標です。

    本ソフトウェアまたはドキュメントの一部は、次のサードパーティが有する著作権に従います(ただし、これらに限定されません)。Copyright DataDirect Technologies.コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c) Sun Microsystems.コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c) RSA Security Inc. All Rights Reserved.Copyright (c) Ordinal Technology Corp. All rightsreserved. Copyright (c) Aandacht c.v. All rights reserved. Copyright Genivia, Inc. All rights reserved. Copyright IsomorphicSoftware. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c) Meta Integration Technology, Inc. All rights reserved. Copyright(c) Intalio. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c) Oracle. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c)Adobe Systems Incorporated. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c) DataArt, Inc. All rights reserved. Copyright(c) ComponentSource. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c) Microsoft Corporation. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (C) Rogue Wave Software, Inc. All rights reserved. Copyright (c) Teradata Corporation. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c) Yahoo! Inc. All rights reserved. Copyright (c) Glyph & Cog, LLC. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (C) Thinkmap, Inc. All rights reserved. Copyright (C) Clearpace Software Limited. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (C) Information Builders, Inc. All rights reserved. Copyright (C) OSS Nokalva, Inc. All rightsreserved. Copyright Edifecs, Inc. All rights reserved. Copyright Cleo Communications, Inc. All rights reserved.Copyright (c)International Organization for Standardization 1986. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (C) ej-technologies GmbH.コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c) Jaspersoft Corporation. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright(C) is International Business Machines Corporation. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (C) yWorks GmbH. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (C) Lucent Technologies.コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (c) Universityof Toronto. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (C) Daniel Veillard. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (C) Unicode, Inc. Copyright IBM Corp. All rights reserved. Copyright (C) MicroQuill Software Publishing, Inc. Allrights reserved. Copyright (C) PassMark Software Pty Ltd. All rights reserved. Copyright (C) LogiXML, Inc. All rightsreserved. Copyright (C) 2003-2010 Lorenzi Davide, All rights reserved. Copyright (C) Red Hat, Inc. All rights reserved.Copyright (c) The Board of Trustees of the Leland Stanford Junior University. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright(C) EMC Corporation. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。Copyright (C) Flexera Software. コンテンツの無断複写・転載を禁じます。

    本製品には、Apache Software Foundation(http://www.apache.org/)によって開発されたソフトウェア、およびApache License, Version2.0(「ライセンス」)の下に許諾されたその他のソフトウェアが含まれています。ライセンスのコピーはhttp://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0から入手することができます。適用法にて要求されないか書面にて合意されない限り、ライセンスの下に配布されるソフトウェアは「現状のまま」で配布され、明示的あるいは黙示的かを問わず、いかなる種類の保証も行われません。ライセンス下での許諾および制限を定める具体的文言については、ライセンスを参照してください。

    本製品には、Mozilla(http://www.mozilla.org/)によって開発されたソフトウェア、ソフトウェアcopyright The JBoss Group, LLC, allrights reserved、ソフトウェアcopyright, Red Hat Middleware, LLC, all rights reserved、Copyright (c) 1999-2006 by Bruno Lowagieand Paulo SoaresおよびGNU Lesser General Public License Agreement(http://www.gnu.org/licenses/lgpl.htmlを参照)に基づいて許諾されたその他のソフトウェアが含まれています。資料は、Informaticaが無料で提供しており、一切の保証を伴わない「現状渡し」で提供されるものとし、Informatica Corporationは市場性および特定の目的の適合性の黙示の保証などを含めて、一切の明示的及び黙示的保証の責任を負いません。

    製品には、ワシントン大学、カリフォルニア大学アーバイン校、およびバンダービルト大学のDouglas C.Schmidtおよび同氏のリサーチグループが著作権を持つACE(TM)およびTAO(TM)ソフトウェアが含まれています。Copyright (c) 1993-2006, all rights reserved.

    本製品には、OpenSSL Toolkitを使用するためにOpenSSL Projectが開発したソフトウェア(copyright The OpenSSL Project.All RightsReserved)が含まれています。また、このソフトウェアの再配布は、http://www.openssl.orgおよびhttp://www.openssl.org/source/license.htmlにある使用条件に従います。

    本ソフトウェアには、CurlソフトウェアCopyright 1996-2007, Daniel Stenberg, が含まれます。コンテンツの無断複写・転載を禁じます。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://curl.haxx.se/docs/copyright.htmlにある使用条件に従います。すべてのコピーに上記の著作権情報とこの許諾情報が記載されている場合、目的に応じて、本ソフトウェアの使用、コピー、変更、ならびに配布が有償または無償で許可されます。

    本製品には、ソフトウェアcopyright 2001-2005 (C) MetaStuff, Ltd. All Rights Reserved.が含まれます。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.dom4j.org/license.htmlにある使用条件に従います。

    製品には、ソフトウェアcopyright (C) 2004-2007, The Dojo Foundationが含まれます。コンテンツの無断複写・転載を禁じます。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://dojotoolkit.org/licenseにある使用条件に従います。

  • 本製品には、ICUソフトウェアcopyright International Business Machines Corporationおよび他のソフトウェアが含まれます。コンテンツの無断複写・転載を禁じます。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://source.icu-project.org/repos/icu/icu/trunk/license.htmlにある使用条件に従います。

    本製品には、ソフトウェアcopyright (c) 1996-2006 Per Bothnerが含まれます。コンテンツの無断複写・転載を禁じます。お客様がこのようなソフトウェアを使用するための権利は、ライセンスで規定されています。http://www.gnu.org/software/kawa/Software-License.htmlを参照してください。

    本製品には、OSSP UUIDソフトウェアCopyright (C) 2002 Ralf S. Engelschall, Copyright (C) 2002 The OSSP Project Copyright (C)2002 Cable & Wireless Deutschlandが含まれます。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.opensource.org/licenses/mit-license.phpにある使用条件に従います。

    本製品には、Boost(http://www.boost.org/)によって開発されたソフトウェアまたはBoostソフトウェアライセンスの下で開発されたソフトウェアが含まれています。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.boost.org/LICENSE_1_0.txtにある使用条件に従います。

    本製品には、ソフトウェアcopyright (c) 1997-2007 University of Cambridgeが含まれます。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.pcre.org/license.txtにある使用条件に従います。

    本製品には、ソフトウェアcopyright (C) 2007 The Eclipse Foundationが含まれます。コンテンツの無断複写・転載を禁じます。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.eclipse.org/org/documents/epl-v10.phpにある使用条件に従います。

    本製品には、http://www.tcl.tk/software/tcltk/license.html、http://www.bosrup.com/web/overlib/?License、http://www.stlport.org/doc/license.html、http://www.asm.ow2.org/license.html、http://www.cryptix.org/LICENSE.TXT、http://hsqldb.org/web/hsqlLicense.html、http://httpunit.sourceforge.net/doc/license.html、http://jung.sourceforge.net/license.txt、http://www.gzip.org/zlib/zlib_license.html、http://www.openldap.org/software/release/license.html、http://www.libssh2.org、http://slf4j.org/license.html、http://www.sente.ch/software/OpenSourceLicense.html、http://fusesource.com/downloads/license-agreements/fuse-message-broker-v-5-3-license-agreement、http://antlr.org/license.html、http://aopalliance.sourceforge.net/、http://www.bouncycastle.org/licence.html、http://www.jgraph.com/jgraphdownload.html、http://www.jcraft.com/jsch/LICENSE.txt、http://jotm.objectweb.org/bsd_license.html、http://www.w3.org/Consortium/Legal/2002/copyright-software-20021231、http://www.slf4j.org/license.html、http://developer.apple.com/library/mac/#samplecode/HelpHook/Listings/HelpHook_java.html、http://nanoxml.sourceforge.net/orig/copyright.html、http://www.json.org/license.html、http://forge.ow2.org/projects/javaservice/、http://www.postgresql.org/about/licence.html、http://www.sqlite.org/copyright.html、http://www.tcl.tk/software/tcltk/license.html、http://www.jaxen.org/faq.html, http://www.jdom.org/docs/faq.html、http://www.slf4j.org/license.html、http://www.iodbc.org/dataspace/iodbc/wiki/iODBC/License、http://www.keplerproject.org/md5/license.html、http://www.toedter.com/en/jcalendar/license.html、http://www.edankert.com/bounce/index.html、http://www.net-snmp.org/about/license.html、http://www.openmdx.org/#FAQ、http://www.php.net/license/3_01.txt、http://srp.stanford.edu/license.txt、http://www.schneier.com/blowfish.html、http://www.jmock.org/license.html、http://xsom.java.net、http://benalman.com/about/license/に基づいて許諾されたソフトウェアが含まれています。

    本製品には、Academic Free License(http://www.opensource.org/licenses/afl-3.0.php)、Common Development and DistributionLicense(http://www.opensource.org/licenses/cddl1.php)、Common Public License(http://www.opensource.org/licenses/cpl1.0.php)、Sun Binary Code License Agreement Supplemental License Terms、BSD License(http://www.opensource.org/licenses/bsd-license.php)、MIT License(http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php)、およびArtistic License(http://www.opensource.org/licenses/artistic-license-1.0)に基づいて許諾されたソフトウェアが含まれています。

    本製品には、ソフトウェアcopyright (c) 2003-2006 Joe WaInes, 2006-2007 XStream Committersが含まれています。コンテンツの無断複写・転載を禁じます。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://j.org/license.htmlにある使用条件に従います。本製品には、Indiana University Extreme! Labによって開発されたソフトウェアが含まれています。詳細については、http://www.extreme.indiana.edu/を参照してください。

    本ソフトウェアは、米国の特許番号5,794,246、6,014,670、6,016,501、6,029,178、6,032,158、6,035,307、6,044,374、6,092,086、6,208,990、6,339,775、6,640,226、6,789,096、6,820,077、6,823,373、6,850,947、6,895,471、7,117,215、7,162,643、7,243,110、7,254,590、7,281,001、7,421,458、7,496,588、7,523,121、7,584,422、7,676,516、7,720,842、7,721,270、および7,774,791、および国際的な特許、ならびにその他の出願中の特許によって保護されています。

    免責: 本文書は、一切の保証を伴わない「現状渡し」で提供されるものとし、Informatica Corporationは他社の権利の非侵害、市場性および特定の目的への適合性の黙示の保証などを含めて、一切の明示的および黙示的保証の責任を負いません。Informatica Corporationでは、本ソフトウェアまたはドキュメントに誤りのないことを保証していません。本ソフトウェアまたはドキュメントに記載されている情報には、技術的に不正確な記述や誤植が含まれる場合があります。本ソフトウェアまたはドキュメントの情報は、予告なしに変更されることがあります。

    特記事項

    このInformatica製品(以下「ソフトウェア」)には、Progress Software Corporation(以下「DataDirect」)の事業子会社であるDataDirect Technologiesからの特定のドライバ(以下「DataDirectドライバ」)が含まれています。DataDirectドライバには、次の用語および条件が適用されます。

    1.DataDirectドライバは、特定物として現存するままの状態で提供され、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保

    責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任を負わないものとします。国または地域によっては、法律の強行規定により、保証責任

    の制限が禁じられる場合、強行規定の制限を受けるものとします。

    2.DataDirectまたは第三者は、予見の有無を問わず発生したODBCドライバの使用に関するいかなる直接的、間接的、偶発的、特別、ある

    いは結果的損害に対して責任を負わないものとします。本制限事項は、すべての訴訟原因に適用されます。訴訟原因には、契約違反、保

    証違反、過失、厳格責任、詐称、その他の不法行為を含みますが、これらに限るものではありません。

    Part Number: PC-AWG-95100-0001

  • 目次

    序文............................................. xiv

    Informaticaのリソース. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xiv

    Informaticaカスタマポータル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xiv

    Informaticaのマニュアル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xiv

    InformaticaのWebサイト. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xiv

    Informatica How-To Library. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xv

    Informatica Knowledge Base. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xv

    Informatica Multimedia Knowledge Base. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xv

    Informaticaグローバルカスタマサポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xv

    第 1 章 : パイプラインのパーティション化について.................................................. 1

    パイプラインのパーティション化の概要について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1

    パーティション化属性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2

    パーティションポイント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2

    パーティションの数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3

    パーティションタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4

    動的パーティション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5

    動的パーティションの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6

    動的パーティションに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . 7

    パーティションタイプでの動的パーティションの使用. . . . . . . . . . . . . . . 8

    パーティションレベルの属性の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

    キャッシュのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

    パーティション化したパイプラインにおけるマッピング変数. . . . . . . . . . . . . 9

    パーティション化のルール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10

    オブジェクトを編集する場合のパーティションの制限. . . . . . . . . . . . . . 10

    PowerExchangeに対するパーティション化の制限. . . . . . . . . . . . . . . . . 11

    パーティション化の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11

    パイプラインへのパーティションポイントの追加. . . . . . . . . . . . . . . . . 12

    パーティションポイントの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13

    [パーティションポイント]ノード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14

    [パーティションポイント以外]ノード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15

    第 2 章 : パーティションポイント.................. 16

    パーティションポイントの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16

    パーティションポイントの追加および削除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17

    目次 i

  • パーティションポイントの追加と削除に関するルールおよびガイドライ

    ン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18

    リレーショナルソースのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

    SQLクエリの入力. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

    フィルタ条件の入力. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21

    ファイルソースのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22

    ファイルソースのパーティション化の規則およびガイドライン. . . . . . . . 22

    ファイルソースの読み込むための1つのスレッドの使用. . . . . . . . . . . . . 23

    ファイルソースの読み込むための複数のスレッドの使用. . . . . . . . . . . . . 23

    ファイルのパーティション化の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24

    リレーショナルターゲットのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28

    データベースの互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29

    ファイルターゲットのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29

    接続設定の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30

    ファイルプロパティの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30

    カスタムトランスフォーメーションのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . 33

    複数のパーティションに関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34

    パーティションポイントの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34

    スレッドに関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34

    ジョイナトランスフォーメーションのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . 36

    ソート済みジョイナトランスフォーメーションのパーティション化. . . . . 36

    ソート済みフラットファイルの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37

    ソート済みリレーショナルデータの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39

    ソータトランスフォーメーションの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39

    パーティションを使用したソート済みジョイナトランスフォーメーショ

    ンの最適化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40

    ルックアップトランスフォーメーションのパーティション化. . . . . . . . . . . . . 41

    ルックアップトランスフォーメーションのキャッシュのパーティション

    化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41

    パイプラインルックアップトランスフォーメーションのキャッシュのパ

    ーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42

    シーケンスジェネレータトランスフォーメーションのパーティション化. . . . . 43

    ソータトランスフォーメーションのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . 43

    ソータトランスフォーメーションの作業用ディレクトリ設定. . . . . . . . . . 44

    XMLジェネレータトランスフォーメーションのパーティション化. . . . . . . . . . 44

    トランスフォーメーションに関する制限. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45

    数値関数に関する制限. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45

    第 3 章 : パーティションタイプ.................... 46

    パーティションタイプの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46

    パイプラインでのパーティションタイプの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . 47

    ii 目次

  • パーティションタイプの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48

    データベースパーティション化のパーティションタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . 51

    データベースソースのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52

    ターゲットデータベースのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54

    ハッシュ自動キーのパーティションタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55

    ハッシュユーザーキーパーティションタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56

    キー範囲パーティションタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57

    パーティションキーの追加. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58

    キー範囲の追加. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58

    パススルーパーティションタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60

    ラウンドロビンパーティションタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61

    第 4 章 : プッシュダウンの最適化.................. 63

    プッシュダウンの最適化の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63

    プッシュダウンの最適化のタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64

    ソース側でのプッシュダウンの最適化セッションの実行. . . . . . . . . . . . . 64

    ターゲット側でのプッシュダウンの最適化セッションの実行. . . . . . . . . . 65

    完全なプッシュダウンの最適化セッションの実行 . . . . . . . . . . . . . . . . 65

    動作可能なデータベースとアイドル状態のデータベース. . . . . . . . . . . . . . . . 66

    データベースに関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67

    Integration Serviceおよびデータベースの出力の比較. . . . . . . . . . . . . 67

    ODBCドライバの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68

    Netezzaに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70

    プッシュダウン互換性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70

    データベース接続に互換性がないユーザー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71

    アイドル状態のデータベース内のテーブル名の修飾. . . . . . . . . . . . . . . 72

    日付に関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73

    式に関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74

    演算子. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74

    変数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75

    関数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75

    プッシュダウンの最適化の関数に関するルールおよびガイドライン. . . . . 80

    エラー処理、ロギング、およびリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81

    エラー処理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81

    ロギング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81

    リカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81

    緩やかに変化する次元に関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82

    シーケンスおよびビューに関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82

    シーケンス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83

    ビュー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84

    目次 iii

  • 孤立シーケンスおよびビューのトラブルシューティング. . . . . . . . . . . . . 85

    $$PushdownConfigマッピングパラメータの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87

    プッシュダウンの最適化のためのセッションの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . 89

    プッシュダウンオプション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89

    パーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90

    ターゲットロードルール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92

    プッシュダウングループの表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93

    第 5 章 : プッシュダウンの最適化トランスフォーメーション.......................................... 96

    プッシュダウンの最適化およびトランスフォーメーションの概要. . . . . . . . . . 96

    プッシュダウンの最適化とトランスフォーメーションに関するルールお

    よびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 97

    アグリゲータトランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98

    式トランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99

    フィルタトランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99

    ジョイナトランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100

    ルックアップトランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101

    接続されていないルックアップトランスフォーメーション. . . . . . . . . . 103

    SQLオーバライドを使用するLookupトランスフォーメーション. . . . . . . . 103

    ルータートランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104

    シーケンスジェネレータトランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . 104

    ソータトランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106

    ソース修飾子トランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 107

    SQLオーバーライドを使用したソース修飾子トランスフォーメーショ

    ン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108

    ターゲット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 109

    共有体トランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110

    アップデートストラテジトランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . 110

    第 6 章 : リアルタイム処理....................... 112

    リアルタイム処理の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 112

    リアルタイムデータについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113

    メッセージとメッセージキュー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114

    Webサービスメッセージ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114

    PowerExchange変更データキャプチャソースからの変更データ. . . . . . . . 115

    リアルタイムセッションの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115

    終了条件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116

    アイドル時間. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116

    メッセージカウント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116

    Reader制限時間. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116

    iv 目次

  • フラッシュ待ち時間. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117

    コミットタイプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118

    メッセージリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118

    前提条件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119

    メッセージのリカバリを有効にする手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 120

    リカバリファイル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 120

    メッセージの処理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 120

    メッセージリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121

    セッションリカバリデータのフラッシュ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121

    リカバリテーブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121

    PM_REC_STATEテーブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122

    メッセージの処理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122

    メッセージリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122

    リカバリキューおよびリカバリトピック. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123

    メッセージの処理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123

    メッセージリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123

    リカバリ無視リスト. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124

    リアルタイムセッションの停止. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124

    リアルタイムセッションのリスタートおよびリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . 125

    リアルタイムセッションのリスタート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 125

    リアルタイムセッションのリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126

    リスタートコマンドおよびリカバリコマンド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126

    リアルタイムセッションに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . 127

    メッセージリカバリに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . 127

    リアルタイム処理の例. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 128

    Informaticaリアルタイム製品. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130

    第 7 章 : コミットポイント....................... 132

    コミットポイントの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 132

    ターゲットベースのコミット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133

    ソースベースのコミット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133

    コミットソースの決定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 134

    ソースベースコミットからターゲットベースコミットへの切り替え. . . . . 136

    ユーザー定義コミット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 138

    トランザクションのロールバック. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 139

    トランザクション制御について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142

    トランスフォーメーション範囲. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 143

    トランザクション制御単位について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 146

    トランザクション制御に関する作業のルールおよびガイドライン. . . . . . 146

    トランザクション別ターゲットファイルの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . 147

    目次 v

  • コミットプロパティの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 147

    第 8 章 : 行エラーのロギング..................... 149

    行エラーログの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149

    エラーログのコードページ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150

    エラーログテーブルについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150

    PMERR_DATA. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 151

    PMERR_MSG. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153

    PMERR_SESS. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155

    PMERR_TRANS. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156

    エラーログファイルについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 157

    エラーログオプションの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 160

    第 9 章 : ワークフローリカバリ................... 162

    ワークフローリカバリの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 162

    操作の状態. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 163

    ワークフローの操作の状態 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 163

    操作のセッション状態. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164

    ターゲットリカバリテーブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164

    リカバリオプション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167

    ワークフローのサスペンド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 168

    サスペンド時のメールの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 169

    ワークフローリカバリの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 170

    停止、強制終了、および終了されたワークフローのリカバリ. . . . . . . . . 171

    一時停止されたワークフローのリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 171

    タスクリカバリの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 171

    タスクのリカバリ戦略. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172

    終了したタスクの自動的なリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 174

    セッションの再開. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 174

    再現可能なデータに関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 176

    ソースの再現性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 176

    トランスフォーメーションの再現性. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 177

    リカバリ用のマッピングの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 178

    ワークフローとタスクのリカバリの手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 181

    ワークフローのリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182

    セッションのリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182

    セッションからのワークフローのリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182

    セッションリカバリに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . 183

    Old Trans: 最後のチェックポイントから再開するようにするためのリカ

    バリの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 183

    vi 目次

  • リカバリ不可能なワークフローまたはタスク. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 184

    第 10 章 : 停止と強制終了........................ 185

    停止と強制終了の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 185

    エラーのタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 186

    しきい値のエラー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 186

    致命的なエラー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 187

    Integration Serviceによるセッションの失敗の処理. . . . . . . . . . . . . . . . . 187

    ワークフローの停止または強制終了. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 188

    タスクの停止または強制終了. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 189

    停止または強制終了の手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 189

    第 11 章 : コンカレントワークフロー.............. 191

    コンカレントワークフローの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 191

    一意のワークフローインスタンスの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192

    ワークフローインスタンスのインスタンス名によるリカバリ. . . . . . . . . 192

    同一インスタンス名のコンカレントインスタンスの実行に関するルール

    およびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192

    同一名のコンカレントワークフローの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193

    コンカレントWebサービスワークフローの実行. . . . . . . . . . . . . . . . . . 193

    同一名のワークフローインスタンスの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193

    同一名のワークフローインスタンスのリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . 194

    同一インスタンス名のコンカレントインスタンスの実行に関するルール

    およびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 194

    パラメータおよび変数の使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 194

    実行インスタンス名または実行IDへのアクセス. . . . . . . . . . . . . . . . . . 195

    コンカレントワークフローの設定手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 195

    コンカレントワークフローの開始および停止. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 196

    Workflow Designerからのワークフローインスタンスの開始. . . . . . . . . 196

    単一のコンカレントワークフローの開始. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197

    コマンドラインからのコンカレントワークフローの開始. . . . . . . . . . . . 197

    コンカレントワークフローの停止または強制終了. . . . . . . . . . . . . . . . 198

    コンカレントワークフローの監視. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 198

    セッションログおよびワークフローログの表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 199

    一意のワークフローインスタンス用のログファイル. . . . . . . . . . . . . . . 199

    同一名のワークフローインスタンス用のログファイル. . . . . . . . . . . . . 200

    コンカレントワークフローに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . 200

    第 12 章 : グリッド処理.......................... 202

    グリッド処理の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 202

    目次 vii

  • グリッド上でのワークフローの実行. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203

    グリッド上でのセッションの実行. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203

    パーティショングループに関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204

    リソース要件を使用しないパーティショングループの作成. . . . . . . . . . 204

    リソース要件を使用するパーティショングループの形成. . . . . . . . . . . . 204

    パーティショングループの作成に関するルールおよびガイドライン. . . . . 205

    キャッシュに関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 205

    グリッドの接続とリカバリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 205

    グリッド上で実行するためのワークフローまたはセッションの設定. . . . . . . . 206

    グリッド上で実行するためのワークフローまたはセッションの設定に関

    するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 207

    第 13 章 : ロードバランサ........................ 209

    ロードバランサの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 209

    ワークフローへのサービスレベルの割り当て. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 210

    タスクへのリソースの割り当て. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 210

    第 14 章 : ワークフロー変数...................... 213

    ワークフロー変数の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213

    定義済みワークフロー変数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 214

    式における定義済みワークフロー変数の使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217

    ワークフロー内の条件の評価. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217

    ワークフロー内のタスクステータスの評価. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 218

    ワークフロー内の前回実行のタスクステータスの評価. . . . . . . . . . . . . 218

    ユーザー定義ワークフロー変数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 219

    ワークフロー変数の初期値とカレント値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220

    データタイプのデフォルト値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221

    ユーザー定義ワークフロー変数の作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221

    ワークレット変数の使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223

    永続ワークレット変数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223

    初期値のオーバーライド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223

    ワークレット変数の使用に関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . 224

    ワークレットでの変数値の割り当て. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224

    ワークレット間での変数値の受け渡し. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224

    変数割り当ての設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225

    第 15 章 : セッションのパラメータおよび変数..... 227

    セッションパラメータに関する作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227

    セッションログ名の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231

    ターゲットファイルおよびディレクトリの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . 232

    viii 目次

  • ファイルでのソースパラメータの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 232

    接続パラメータの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 232

    ランタイム情報の取得. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 233

    ファイルパラメータとデータベース接続パラメータの作成に関するルー

    ルおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234

    セッションのマッピングパラメータおよび変数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234

    セッションでのパラメータ値および変数値の割り当て. . . . . . . . . . . . . . . . 235

    セッション間でのパラメータ値および変数値の受け渡し. . . . . . . . . . . . 236

    変数割り当ての設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237

    第 16 章 : パラメータファイル.................... 238

    パラメータファイルの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238

    パラメータおよび変数のタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 239

    パラメータおよび変数を使用する場所. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 240

    パラメータファイル内の接続属性のオーバーライド. . . . . . . . . . . . . . . . . . 252

    パラメータファイル構造体. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 253

    パラメータファイルのセクション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 254

    コメント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 255

    NULL値. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 256

    サンプルのパラメータファイル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 256

    パラメータファイル名および場所の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 257

    ワークフローまたはセッションでのパラメータファイルの使用. . . . . . . 257

    pmcmdでのパラメータファイルの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 259

    パラメータファイルの例. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 260

    パラメータファイルの作成に関するガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 261

    パラメータおよびパラメータファイルのトラブルシューティング. . . . . . . . . 262

    パラメータおよびパラメータファイルに関するヒント. . . . . . . . . . . . . . . . 263

    第 17 章 : FastExport............................ 265

    FastExportの使用の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 265

    手順1。 FastExport接続の作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 266

    コードページのマッピングファイルの確認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 268

    手順2 readerの変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269

    手順3 ソース接続の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269

    手順4。 制御ファイルのオーバーライド(オプション). . . . . . . . . . . . . . . 269

    FastExportの使用に関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . 271

    第 18 章 : 外部データのロード.................... 272

    外部データのロードの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 272

    はじめに. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 272

    目次 ix

  • 外部ローダーの動作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 273

    名前付きパイプへのデータのロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 274

    フラットファイルへのデータのステージング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 274

    外部ローダーを使用したセッションのパーティション化. . . . . . . . . . . . 274

    IBM DB2へのロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 275

    IBM DB2 EE外部ローダー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 275

    IBM DB2 EEE外部ローダー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 276

    IBM DB2 EEE外部ローダーに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . 276

    操作モードの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277

    オーソリティ、特権、権限の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277

    IBM DB2 EE外部ローダーの属性の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 278

    IBM DB2 EEE外部ローダの属性の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 280

    Oracleへのロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 282

    Oracle外部ローダーに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . 283

    Oracleへのマルチバイトデータのロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 283

    Oracle外部ローダーの属性の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 284

    Sybase IQへのロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 285

    Sybase IQ外部ローダーに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . 285

    Sybase IQへのマルチバイトデータのロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 285

    Sybase IQ外部ローダーの属性の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 286

    Teradataへのロード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 288

    Teradata外部ローダーに関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . 289

    制御ファイルのオーバーライド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 289

    制御ファイルでのユーザー変数の作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 290

    Teradata MultiLoad外部ローダーの属性の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . 291

    Teradata TPump外部ローダーの属性の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 294

    Teradata FastLoad外部ローダーの属性の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . 297

    セッション内での外部データのロードの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 299

    ファイルに書き込むようにセッションを設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 300

    ファイルプロパティの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 300

    外部ローダ接続の選択. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 301

    外部データのロードのトラブルシューティング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 302

    第 19 章 : FTP................................... 304

    FTPの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 304

    FTPの使用に関するルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . . . 305

    Integration Serviceの動作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 305

    ソースファイルを対象としたFTPの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 305

    ターゲットファイルでのFTPの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 306

    セッションのFTPの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 307

    x 目次

  • セッションのSFTPの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 307

    FTP接続の選択. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 307

    ソースファイルプロパティの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 309

    ターゲットファイルプロパティの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 309

    第 20 章 : セッションのキャッシュ................ 312

    セッションのキャッシュの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 312

    キャッシュメモリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 313

    キャッシュファイル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 314

    キャッシュファイルの命名規則. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 315

    キャッシュファイルディレクトリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 317

    キャッシュサイズの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 318

    キャッシュサイズの計算. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 319

    自動キャッシュサイズ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 319

    数値のキャッシュサイズの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 320

    キャッシュサイズを設定する手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 321

    キャッシュのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 322

    キャッシュのパーティション化用のキャッシュサイズの設定. . . . . . . . . 322

    アグリゲータキャッシュ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 323

    差分集計. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 323

    アグリゲータトランスフォーメーションのキャッシュサイズの設定. . . . . 324

    アグリゲータキャッシュのトラブルシューティング. . . . . . . . . . . . . . . 324

    ジョイナキャッシュ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 325

    1:nのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 326

    n:nのパーティション化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 327

    ジョイナトランスフォーメーションのキャッシュサイズの設定. . . . . . . 327

    ジョイナキャッシュのトラブルシューティング. . . . . . . . . . . . . . . . . . 328

    ルックアップキャッシュ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 329

    キャッシュの共有. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 330

    ルックアップトランスフォーメーションのキャッシュサイズの設定. . . . . 331

    ランクキャッシュ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 331

    ランクトランスフォーメーションのキャッシュサイズの設定. . . . . . . . . 332

    ランクキャッシュのトラブルシューティング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 333

    ソータキャッシュ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 333

    ソータトランスフォーメーションのキャッシュサイズの設定. . . . . . . . . 334

    XMLターゲットキャッシュ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 334

    XMLターゲットのキャッシュサイズの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 334

    キャッシュサイズの最適化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 335

    目次 xi

  • 第 21 章 : 差分集計.............................. 337

    差分集計の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 337

    差分集計のためのIntegration Serviceの処理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 338

    集計ファイルの再初期化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 339

    集計ファイルの移動と削除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 339

    インデックスファイルとデータファイルの検索. . . . . . . . . . . . . . . . . . 340

    差分集計を使用したパーティション化のガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . 340

    差分集計のための準備. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 341

    マッピングの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 341

    セッションの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 342

    第 22 章 : セッションログインタフェース.......... 343

    セッションログインタフェースの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 343

    セッションログインタフェースの実装. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 343

    Integration Serviceとセッションログインタフェース. . . . . . . . . . . . 344

    セッションログインタフェースの実装に関するルールおよびガイドライ

    ン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 344

    セッションログインタフェースの関数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 345

    INFA_InitSessionLog. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 345

    INFA_OutputSessionLogMsg. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 346

    INFA_OutputSessionLogFatalMsg. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 347

    INFA_EndSessionLog. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 348

    INFA_AbnormalSessionTermination. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 348

    セッションログインタフェースの例. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 349

    外部セッションログライブラリの構築. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 349

    外部セッションログライブラリの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 350

    第 23 章 : バッファメモリについて................ 351

    バッファメモリの概要について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 351

    自動バッファメモリ設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 352

    セッション設定オブジェクトを使用したメモリの設定. . . . . . . . . . . . . 352

    バッファメモリの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 353

    セッションキャッシュメモリの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 353

    セッションキャッシュの制限. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 353

    セッションキャッシュの自動メモリ設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 355

    第 24 章 : 高精度データ.......................... 356

    高精度データの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 356

    Bigint. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 356

    xii 目次

  • Decimal. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 357

    索引............................................. 358

    目次 xiii

  • 序文

    『PowerCenter上級ワークフローガイド』は、ワークフローとセッションの作成、およびワ

    ークフローの実行を担当する開発者と管理者を対象としています。 読者は、オペレーティ

    ングシステム、リレーショナルデータベースの概念、および使用する環境内のデータベー

    スエンジン、フラットファイル、またはメインフレームシステムについて理解している必

    要があります。また、使用するアプリケーションのインタフェース条件についても理解し

    ていることを前提としています。

    Informaticaのリソース

    Informaticaカスタマポータル

    Informaticaのユーザーとして、Informaticaカスタマポータルサイト

    (http://mysupport.informatica.com)にアクセスできます。このサイトには、製品情

    報、ユーザーグループ情報、ニュースレター、Informaticaカスタマサポート事例管理シス

    テム(ATLAS)へのアクセス、Informatica How-To Library、Informatica Knowledge

    Base、Informatica Product Documentation、Informaticaユーザーグループコミュニティ

    へのアクセスが含まれています。

    Informaticaのマニュアル

    Informaticaのマニュアルチームは、正確で役に立つマニュアルの作成に努めています。こ

    のマニュアルに関する質問、コメント、ご意見の電子メールの送付先は、Informaticaマニ

    ュアルチーム([email protected])です。 お客様のフィードバック

    は、マニュアルの改良に利用させていただきます。コメントに返信をご希望のお客様は、

    その旨をお知らせください。

    マニュアルチームは、必要に応じてマニュアルを更新します。製品の最新のマニュアルを

    入手するには、http://mysupport.informatica.comから製品マニュアルにアクセスしま

    す。

    InformaticaのWebサイト

    Informatica社のWebサイトは、http://www.informatica.comからアクセスできます。この

    サイトでは、Informatica社の概要と沿革、今後のイベント、営業拠点などの情報を提供し

    xiv

    http://mysupport.informatica.commailto:[email protected]://mysupport.informatica.comhttp://www.informatica.com

  • ています。また、製品情報やパートナー情報もあります。サービス関連のページには、テ

    クニカルサポート、トレーニングと教育、および実装に関するサービスの重要な情報を掲

    載しています。

    Informatica How-To Library

    Informaticaのユーザーとして、Informatica How-To Library

    (http://mysupport.informatica.com)にアクセスできます。How-To Libraryは、

    Informaticaの製品および機能についての詳細を確認できるリソースのコレクションです。

    一般的な問題に対するソリューションを提供したり、機能や動作を比較したり、特定の実

    際のタスクを実行するための方法を示したりする記事やインタラクティブなデモンストレ

    ーションが含まれています。

    Informatica Knowledge Base

    Informaticaのユーザーとして、Informatica Knowledge Base

    (http://mysupport.informatica.com)にアクセスできます。このKnowledge Baseを利用

    して、Informatica製品に関する既知の技術的問題の解決策を検索することができます。ま

    た、FAQ(よくある質問)の答え、技術的ホワイトペーパー、技術的なヒントも得られま

    す。Knowledge Baseに関する質問、コメント、ご意見の電子メールの送付先は、

    Informatica Knowledge Baseチーム([email protected])です。

    Informatica Multimedia Knowledge Base

    Informaticaのユーザとして、Informatica Multimedia Knowledge Base

    (http://mysupport.informatica.com)にアクセスできます。Multimedia Knowledge

    Baseは、一般的な概念の理解を助け、具体的な各タスクの実行をガイドする教育用のマル

    チメディアファイルの集まりです。 Multimedia Knowledge Baseに関する質問、コメン

    ト、ご意見の電子メールの送付先は、Informatica Knowledge Baseチーム

    [email protected])です。

    Informaticaグローバルカスタマサポート

    電話、またはオンラインサポートからカスタマサポートセンターに連絡できます。 オンラ

    インサポートのご利用には、ユーザ名とパスワードが必要です。

    http://mysupport.informatica.comから、ユーザー名とパスワードが入手できます。

    電話によるInformaticaグローバルカスタマサポートへの問い合わせ先は次のとおりです。

    北米/南米 ヨーロッパ/中東/アフ

    リカ

    アジア/オーストラ

    リア

    フリーダイヤル

    ブラジル: 0800 891

    0202

    メキシコ: 001 888 209

    8853

    北米: +1 877 463 2435

    フリーダイヤル

    フランス: 0805 804632

    ドイツ: 0800 5891281

    イタリア: 800 915 985

    オランダ: 0800 2300001

    ポルトガル: 800 208 360

    フリーダイヤル

    オーストラリア: 1

    800 151 830

    ニュージーランド:

    09 9 128 901

    まえがき xv

    http://mysupport.informatica.comhttp://mysupport.informatica.commailto:[email protected]://mysupport.informatica.commailto:[email protected]://mysupport.informatica.com

  • 北米/南米 ヨーロッパ/中東/アフ

    リカ

    アジア/オーストラ

    リア

    スペイン: 900 813 166

    スイス: 0800 463 200

    英国: 0800 023 4632

    有料(標準料金)

    ベルギー: +31 30 6022

    797

    フランス: +33 1 4138

    9226

    ドイツ:+49 1805 702 702

    オランダ:+31 306 022

    797

    英国: +44 1628 511445

    有料(標準料金)

    インド:+91 80 4112

    5738

    xvi 序文

  • 第 1 章

    パイプラインのパーティション化について

    この章では、以下の項目について説明します。

    ¨ パイプラインのパーティション化の概要について, 1 ページ

    ¨ パーティション化属性, 2 ページ

    ¨ 動的パーティション, 5 ページ

    ¨ キャッシュのパーティション化, 8 ページ

    ¨ パーティション化したパイプラインにおけるマッピング変数, 9 ページ

    ¨ パーティション化のルール, 10 ページ

    ¨ パーティション化の設定, 11 ページ

    パイプラインのパーティション化の概要について

    Integration Serviceで実行するセッションをマッピングごとに作成します。 各マッピン

    グには、1つ以上のパイプラインが含まれています。パイプラインは、ソース修飾子と、そ

    のソース修飾子からデータを受け取るすべてのトランスフォーメーションおよびターゲッ

    トから構成されます。Integration Serviceはセッションを実行すると、パイプラインをパ

    ーティション化してそれぞれのパーティションデータに対して、抽出、トランスフォーメ

    ーション、ロードを並列に実行することで、より高いパフォーマンスを実現することがで

    きます。

    パーティションとは、1つのreaderスレッド、トランスフォーメーションスレッド、または

    writerスレッドで実行されるパイプラインステージを指します。任意のパイプラインステ

    ージにおけるパーティションの数は、そのステージにおけるスレッドの数と一致します。

    デフォルトでは、Integration Serviceはすべてのパイプラインステージにパーティション

    を1つ作成します。

    パーティション化オプションを使用すると、1つのパイプラインステージに対して複数のパ

    ーティションを設定することができます。パイプラインに対してマスタースレッドが作成

    する、readerスレッド、トランスフォーメーションスレッド、およびwriterスレッドの数

    1

  • を制御するパーティション化情報を設定できます。Integration Serviceがソースからデー

    タを読み込む方法、各トランスフォーメーションにデータ行を分散させる方法、およびタ

    ーゲットにデータを書き込む方法を設定できます。 使用するソース接続およびターゲット

    接続の数を設定できます。

    セッションに対してパーティションを設定するには、次の作業を実行します。

    ¨ パーティションポイント、パーティション数、パーティションタイプなど、パーティション属性を設定します。

    ¨ Integration Serviceによりランタイム時にパーティション化を設定できます。動的パーティションを有効にする際、Integration Serviceにより、ソースデータベースパー

    ティションやグリッド内のノード数などの要素に基づいて、セッションパーティション

    の数が計算されます。

    ¨ パーティション化のためにセッションを設定した後、メモリ要件とキャッシュディレクトリをトランスフォーメーションごとに設定できます。

    ¨ Integration Serviceにより、ターゲットロード順グループ内のパーティションごとにマッピング変数が評価されます。マッピングで変数関数を使用して、変数値を設定でき

    ます。

    ¨ パイプラインに複数のパーティションを作成した場合、Workflow Managerにより、Integration Serviceがパーティションを使用してセッションでデータの一貫性を保持

    できることが確認されます。セッションでオブジェクトプロパティを編集した場合、パ

    ーティション化に影響を与え、セッションが失敗することがあります。

    ¨ セッションプロパティでパーティションポイントを追加または編集します。パーティションポイントを変更する場合は、パーティションタイプを定義し、パーティションを追

    加または削除することができます。

    パーティション化属性以下の属性を設定して、パイプラインをパーティション化できます。

    ¨ パーティションポイント。パーティションポイントによりスレッド境界がマークされ、パイプラインがステージに分割されます。 Integration Serviceによりパーティション

    ポイントでデータ行が再分散されます。

    ¨ パーティションの数。パーティションは、単一のスレッドで実行されるパイプラインステージです。 Partitioningを別途購入した場合には、任意のパーティションポイント

    でパーティションの数を設定できます。パーティションを追加すると、処理スレッドの

    数が増え、セッションのパフォーマンスを向上できます。

    ¨ パーティションタイプ。Integration Serviceでは、各パーティションポイントでデフォルトのパーティションタイプが作成されます。 パーティション化オプションを使用

    すると、パーティションタイプを変更できます。パーティションタイプによって、パー

    ティションポイントでパーティションにデータを配分する方法を制御します。

    パーティションポイント

    デフォルトでは、パーティションポイントはIntegration Serviceによってパイプライン上

    のさまざまなトランスフォーメーションに設定されます。 パーティションポイントはスレ

    2 章 1: パイプラインのパーティション化について

  • ッド境界を示し、パイプラインをステージに分割します。ステージとは、2つのパーティシ

    ョンポイントに挟まれたパイプライン上の区間です。トランスフォーメーションにパーテ

    ィションポイントを設定すると、そのトランスフォーメーションは新規のパイプラインス

    テージに含まれます。

    以下の図に、1つのパイプラインを持つマッピングに関する、デフォルトのパーティション

    ポイントとパイプラインステージを示します。

    パーティションポイントを1つ追加すると、パイプラインステージの数が1つ増加します。

    同様に、パーティションポイントを1つ削除すると、パイプラインステージの数が1つ減少

    します。パーティションポイントにより、Integration Serviceがパーティション全体でデ

    ータを再分散できるパイプライン上の点がマークされます。

    例えば、パーティションポイントをフィルタトランスフォーメーションに配置して、複数の

    パーティションを定義する場合、フィルタトランスフォーメーションがデータを処理する前

    に、Integration Serviceによりデータ行がパーティション間で再分散されます。 パーテ

    ィションポイントで設定するパーティションタイプによって、Integration Serviceで各パ

    ーティションにデータ行を渡す方法が制御できます。

    パーティションの数

    各パイプラインステージで処理するスレッドの数は、パーティションの数に依存します。

    パーティションとは、1つのreaderスレッド、トランスフォーメーションスレッド、または

    writerスレッドで実行されるパイプラインステージを指します。任意のパイプラインステ

    ージにおけるパーティションの数は、当該ステージにおけるスレッドの数と一致します。

    パイプライン上のパーティションポイントには最大64のパーティションを定義できます。

    任意のパーティションポイントでパーティションの数を増減すると、Workflow Managerは

    パイプライン上のすべてのパーティションポイントでパーティションの数を増減します。

    パーティションの数は、パイプライン全体を通して一定です。任意のパーティションポイ

    ントで3つのパーティションを定義すると、パイプライン上にある他のすべてのパーティシ

    ョンポイントで3つのパーティションが作成されます。特定の状況では、パイプラインのパ

    ーティションの数を1つに設定する必要があります。

    パーティションまたはパーティションポイントの数が増えることで、スレッドの数が増え

    ます。したがって、パーティションまたはパーティションポイントの数を増やすと、ノー

    ドの負荷も大きくなります。ノードに十分なCPUバンド幅がある場合は、セッションで並列

    にデータ行を処理することで、セッションのパフォーマンスを向上させることができま

    す。ただし、大量のデータを処理するセッションでたくさんのパーティションまたはパー

    ティションポイントを作成すると、システムの負荷が大きくなりすぎる場合もあります。

    パーティション化属性 3

  • 作成するパーティションの数は、ソースまたはターゲットへの接続の数と等しくなりま

    す。パイプラインにリレーショナルソースまたはリレーショナルターゲットが含まれる場

    合には、ソース修飾子またはターゲットインスタンスのパーティションの数はデータベー

    スへの接続の数と等しくなります。パイプラインにファイルソースが含まれる場合は、1つ

    または複数のスレッドでソースを読み込むようにセッションを設定できます。

    例えば、マッピングで3つのパーティションを定義する場合、マスタスレッドによりパイプ

    ラインステージごとに3つのスレッドが作成され、合計で12のスレッドが作成されます。

    Integration Serviceにより、パーティションスレッドが同時に実行されます。 複数のパ

    ーティションを持つセッションを実行した場合、スレッドは次のように実行されます。

    1. readerスレッドが並列に実行されてソースからデータを抽出します。

    2. トランスフォーメーションスレッドがそれぞれのトランスフォーメーションステージ

    で並列に実行されてデータを処理します。Integration Serviceにより、各パーティ

    ションポイントにおいてパーティションの間でデータが再配分されます。

    3. writerスレッドが同時に実行され、データがターゲットに書き込まれます。

    複数の入力グループトランスフォーメーションのパーティショ

    ン化

    マスタースレッドにより、ターゲットロード順グループの各パイプラインに対してreader

    スレッドおよびトランスフォーメーションスレッドが作成されます。 ターゲットロード順

    グループに、複数の入力グループを持つトランスフォーメーションが含まれている場合、

    そのターゲットロード順グループには複数のパイプラインがあります。

    複数のパイプラインを複数の入力グループトランスフォーメーションに接続した場合、

    Integration Serviceにより、複数の入力グループトランスフォーメーションがパーティシ

    ョンポイントであるかどうかに応じて、トランスフォーメーションスレッドが保持される

    か、または新しいトランスフォーメーションスレッドが作成されます。

    ¨ パーティションポイントは、複数の入力グループトランスフォーメーションには存在しません。パーティションポイントが複数の入力グループトランスフォーメーションに存

    在しない場合、Integration Serviceにより、複数の入力グループトランスフォーメー

    ションとステージ内のすべてのダウンストリームトランスフォーメーションについて一

    度に1つのスレッドが処理されます。

    ¨ パーティションポイントは、複数の入力グループトランスフォーメーションに存在します。パーティションポイントが複数の入力グループトランスフォーメーションに存在す

    る場合、Integration Serviceにより、新しいパイプラインステージが作成され、その

    ステージが各パーティションにつき1つのスレッドで処理されます。 Integration

    Serviceにより、トランスフォーメーションに含まれる出力グループの数に関係なく、

    パーティションごとに1つのトランスフォーメーションスレッドが作成されます。

    パーティションタイプ

    パイプラインにパーティション化情報を設定する場合、パイプライン上の各パーティショ

    ンポイントにパーティションタイプを定義する必要があります。パーティションタイプに

    より、PowerCenter Integration Serviceがパーティションポイント間にデータを再配分

    する方法が決定します。

    4 章 1: パイプラインのパーティション化について

  • PowerCenter Integration Serviceでは、各パーティションポイントでデフォルトのパー

    ティションタイプが作成されます。パーティション化オプションを使用すると、パーティ

    ションタイプを変更できます。パーティションタイプは、パーティションポイントでパー

    ティションにデータを配分する方法を制御します。パイプライン上の様々なポイントに、

    様々なパーティションタイプを作成できます。

    Workflow Managerでは、以下のパーティションタイプを定義できます。

    ¨ データベースパーティション化。IBM DB2またはOracleデータベースシステムに対してクエリが実行され、テーブルのパーティション情報が取得されます。データベースの対

    応するノードからパーティション化データが読み込まれます。複数ノードのテーブル領

    域上のOracleまたはIBM DB2ソースインスタンスでは、データベースパーティション化

    を使用できます。DB2ターゲットでは、データベースパーティション化を使用できま

    す。

    ¨ ハッシュ自動キー。ハッシュ関数が使用され、データ行がパーティション間でグループ化されます。データはパーティションキーに基づいてグループ化されます。グループ化

    されたポートまたはソート済みのポートがすべて複合パーティションキーとして使用さ

    れます。ランクトランスフォーメーション、ソータトランスフォーメーション、未ソー

    トのアグリゲータトランスフォーメーションで、ハッシュ自動キーパーティション化を

    使用する必要がある場合があります。

    ¨ ハッシュユーザーキー。PowerCenter Integration Serviceによりハッシュ関数が使用され、データ行がパーティション間でグループ化されます。パーティションキーを生成

    するポート数を定義します。

    ¨ キー範囲。キー範囲パーティション化を使用した場合、パーティションキーとして定義したポートまたはポートのセットに基づいて、データ行が配分されます。各ポートにつ

    いて、値の範囲を定義します。PowerCenter Integration Serviceは、キーと範囲を使

    用して適切なパーティショ�