of 63/63
Informatica ® PowerExchange for Salesforce (バージョン 10.1.1) PowerCenter ユーザーガイ

Informatica PowerExchange for Salesforce - 10.1.1 ... Documentation...Informatica PowerExchange for Salesforce - 10.1.1 ... ... 12

  • View
    5

  • Download
    0

Embed Size (px)

Text of Informatica PowerExchange for Salesforce - 10.1.1 ... Documentation...Informatica PowerExchange for...

  • Informatica® PowerExchange for Salesforce (バージョン 10.1.1)

    PowerCenter ユーザーガイド

  • Informatica PowerExchange for Salesforce PowerCenter ユーザーガイド

    バージョン 10.1.12016 年 12 月

    © 著作権 Informatica LLC 2009, 2017

    本ソフトウェアおよびマニュアルは、使用および開示の制限を定めた個別の使用許諾契約のもとでのみ提供されています。本マニュアルのいかなる部分も、いかなる手段(電子的複写、写真複写、録音など)によっても、Informatica LLC の事前の承諾なしに複製または転載することは禁じられています。

    Informatica、Informatica ロゴ、PowerCenter、および PowerExchange は、米国およびその他の国における Informatica LLC の商標または登録商標です。Informaticaの商標の最新リストは、Web(https://www.informatica.com/trademarks.html )にあります。その他の企業名および製品名は、それぞれの企業の商標または登録商標です。

    本ソフトウェアまたはドキュメントの一部は、次のサードパーティが有する著作権に従います(ただし、これらに限定されません)。Copyright DataDirect Technologies. All rights reserved. Copyright (C) Sun Microsystems.All Rights Reserved.Copyright (C) RSA Security Inc. All rights reserved. Copyright (C) Ordinal Technology Corp. All rights reserved.Copyright (C) Aandacht c.v. All rights reserved. Copyright Genivia, Inc. All rights reserved. Copyright Isomorphic Software. All rights reserved. Copyright (C) Meta Integration Technology, Inc. All rights reserved. Copyright (C) Intalio. All Rights Reserved.Copyright (C) Oracle. All Rights Reserved.Copyright (C) Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Copyright (C) DataArt, Inc. All rights reserved. Copyright (C) ComponentSource. All rights reserved. Copyright (C) Microsoft Corporation. All Rights Reserved.Copyright (C) Rogue Wave Software, Inc. All rights reserved. Copyright (C) Teradata Corporation. All Rights Reserved.Copyright (C) Yahoo! Inc. All rights reserved. Copyright (C) Glyph & Cog, LLC. All rights reserved. Copyright (C) Thinkmap, Inc. All rights reserved. Copyright (C) Clearpace Software Limited. All rights reserved. Copyright (C) Information Builders, Inc. All rights reserved. Copyright (C) OSS Nokalva, Inc. All rights reserved. Copyright Edifecs, Inc. All rights reserved. Copyright Cleo Communications, Inc. All rights reserved. Copyright (C) International Organization for Standardization 1986. All rights reserved. Copyright (C) ej-technologies GmbH. All rights reserved. Copyright (C) Jaspersoft Corporation. All rights reserved. Copyright (C) International Business Machines Corporation.All rights reserved. Copyright (C) yWorks GmbH. All rights reserved. Copyright (C) Lucent Technologies. All rights reserved. Copyright (C) University of Toronto. All rights reserved. Copyright (C) Daniel Veillard. All rights reserved. Copyright (C) Unicode, Inc. Copyright IBM Corp. All rights reserved. Copyright (C) MicroQuill Software Publishing, Inc. All rights reserved. Copyright (C) PassMark Software Pty Ltd. All rights reserved. Copyright (C) LogiXML, Inc. All rights reserved. Copyright (C) 2003-2010 Lorenzi Davide, All rights reserved. Copyright (C) Red Hat, Inc. All rights reserved. Copyright (C) The Board of Trustees of the Leland Stanford Junior University. All rights reserved. Copyright (C) EMC Corporation. All rights reserved. Copyright (C) Flexera Software. All rights reserved. Copyright (C) Jinfonet Software. All rights reserved. Copyright (C) Apple Inc. All rights reserved. Copyright (C) Telerik Inc. All rights reserved. Copyright (C) BEA Systems. All rights reserved. Copyright (C) PDFlib GmbH. All rights reserved. Copyright (C) Orientation in Objects GmbH. All rights reserved. Copyright (C) Tanuki Software, Ltd. All rights reserved. Copyright (C) Ricebridge. All rights reserved. Copyright (C) Sencha, Inc. All rights reserved. Copyright (C) Scalable Systems, Inc. All rights reserved. Copyright (C) jQWidgets. All rights reserved. Copyright (C) Tableau Software, Inc. All rights reserved. Copyright (C) MaxMind, Inc. All rights reserved. Copyright (C) TMate Software s.r.o. All rights reserved. Copyright (C) MapR Technologies Inc. All rights reserved. Copyright (C) Amazon Corporate LLC. All rights reserved. Copyright (C) Highsoft. All rights reserved. Copyright (C) Python Software Foundation. All rights reserved. Copyright (C) BeOpen.com. All rights reserved. Copyright (C) CNRI. All rights reserved.

    本製品には、Apache Software Foundation(http://www.apache.org/)によって開発されたソフトウェア、およびさまざまなバージョンの Apache License(まとめて「License」と呼んでいます)の下に許諾された他のソフトウェアが含まれます。これらのライセンスのコピーは、http://www.apache.org/licenses/ で入手できます。適用法にて要求されないか書面にて合意されない限り、ライセンスの下に配布されるソフトウェアは「現状のまま」で配布され、明示的あるいは黙示的かを問わず、いかなる種類の保証や条件も付帯することはありません。ライセンス下での許諾および制限を定める具体的文言については、ライセンスを参照してください。

    本製品には、Mozilla(http://www.mozilla.org/)によって開発されたソフトウェア、ソフトウェア Copyright (c) The JBoss Group, LLC, all rights reserved、ソフトウェア Copyright (c) 1999-2006 by Bruno Lowagie and Paulo Soares および GNU Lesser General Public License Agreement のさまざまなバージョン(http://www.gnu.org/licenses/lgpl.html で参照できる場合がある)に基づいて許諾されたその他のソフトウェアが含まれています。資料は、Informatica が無料で提供しており、一切の保証を伴わない「現状渡し」で提供されるものとし、Informatica LLC は市場性および特定の目的の適合性の黙示の保証などを含めて、一切の明示的及び黙示的保証の責任を負いません。

    製品には、ワシントン大学、カリフォルニア大学アーバイン校、およびバンダービルト大学の Douglas C.Schmidt および同氏のリサーチグループが著作権を持つ ACE(TM)および TAO(TM)ソフトウェアが含まれています。Copyright (C) 1993-2006, All rights reserved.

    本製品には、OpenSSL Toolkit を使用するために OpenSSL Project が開発したソフトウェア(copyright The OpenSSL Project.All Rights Reserved)が含まれています。また、このソフトウェアの再配布は、http://www.openssl.org および http://www.openssl.org/source/license.html にある使用条件に従います。

    本製品には、Curl ソフトウェア Copyright 1996-2013, Daniel Stenberg, が含まれます。All rights reserved. 本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://curl.haxx.se/docs/copyright.html にある使用条件に従います。すべてのコピーに上記の著作権情報とこの許諾情報が記載されている場合、目的に応じて、本ソフトウェアの使用、コピー、変更、ならびに配布が有償または無償で許可されます。

    本製品には、MetaStuff, Ltd.のソフトウェアが含まれます。Copyright 2001-2005 (C) MetaStuff, Ltd. All Rights Reserved.本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.dom4j.org/license.html にある使用条件に従います。

    製品には、The Dojo Foundation のソフトウェアが含まれます。Copyright (C) 2004-2007.All rights reserved. 本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://dojotoolkit.org/license にある使用条件に従います。

    本製品には、ICU ソフトウェアおよび他のソフトウェアが含まれます。Copyright International Business Machines Corporation.All rights reserved. 本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://source.icu-project.org/repos/icu/icu/trunk/license.html にある使用条件に従います。

    本製品には、Per Bothner のソフトウェアが含まれます。Copyright (C) 1996-2006.All rights reserved. お客様がこのようなソフトウェアを使用するための権利は、ライセンスで規定されています。http://www.gnu.org/software/kawa/Software-License.html を参照してください。

    本製品には、OSSP UUID ソフトウェアが含まれます。Copyright (C) 2002 Ralf S. Engelschall, Copyright (C) 2002 The OSSP Project Copyright (C) 2002 Cable & Wireless Deutschland.本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php にある使用条件に従います。

    本製品には、Boost(http://www.boost.org/)によって開発されたソフトウェア、または Boost ソフトウェアライセンスの下で開発されたソフトウェアが含まれます。本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.boost.org/LICENSE_1_0.txt にある使用条件に従います。

    本製品には、University of Cambridge のが含まれます。Copyright (C) 1997-2007.本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.pcre.org/license.txt にある使用条件に従います。

    本製品には、The Eclipse Foundation のソフトウェアが含まれます。Copyright (C) 2007.All rights reserved. 本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://www.eclipse.org/org/documents/epl-v10.php および http://www.eclipse.org/org/documents/edl-v10.php にある使用条件に従います。

    本製品には、http://www.tcl.tk/software/tcltk/license.html、http://www.bosrup.com/web/overlib/?License、http://www.stlport.org/doc/license.html、http://www.asm.ow2.org/license.html、http://www.cryptix.org/LICENSE.TXT、http://hsqldb.org/web/hsqlLicense.html、http://httpunit.sourceforge.net/doc/license.html、http://jung.sourceforge.net/license.txt、http://www.gzip.org/zlib/zlib_license.html、http://www.openldap.org/software/release/license.html、http://www.libssh2.org、http://slf4j.org/license.html、http://www.sente.ch/software/OpenSourceLicense.html、http://fusesource.com/downloads/license-agreements/fuse-message-broker-v-5-3-license-agreement、http://antlr.org/license.html、http://aopalliance.sourceforge.net/、http://

  • www.bouncycastle.org/licence.html、http://www.jgraph.com/jgraphdownload.html、http://www.jcraft.com/jsch/LICENSE.txt、http://jotm.objectweb.org/bsd_license.html に基づいて許諾されたソフトウェアが含まれています。http://www.w3.org/Consortium/Legal/2002/copyright-software-20021231、http://www.slf4j.org/license.html、http://nanoxml.sourceforge.net/orig/copyright.html、http://www.json.org/license.html、http://forge.ow2.org/projects/javaservice/、http://www.postgresql.org/about/licence.html、http://www.sqlite.org/copyright.html、http://www.tcl.tk/software/tcltk/license.html、http://www.jaxen.org/faq.html、http://www.jdom.org/docs/faq.html、http://www.slf4j.org/license.html、http://www.iodbc.org/dataspace/iodbc/wiki/iODBC/License、http://www.keplerproject.org/md5/license.html、http://www.toedter.com/en/jcalendar/license.html、http://www.edankert.com/bounce/index.html、http://www.net-snmp.org/about/license.html、http://www.openmdx.org/#FAQ、http://www.php.net/license/3_01.txt、http://srp.stanford.edu/license.txt、http://www.schneier.com/blowfish.html、http://www.jmock.org/license.html、http://xsom.java.net、http://benalman.com/about/license/、https://github.com/CreateJS/EaselJS/blob/master/src/easeljs/display/Bitmap.js、http://www.h2database.com/html/license.html#summary、http://jsoncpp.sourceforge.net/LICENSE、http://jdbc.postgresql.org/license.html、http://protobuf.googlecode.com/svn/trunk/src/google/protobuf/descriptor.proto、https://github.com/rantav/hector/blob/master/LICENSE、http://web.mit.edu/Kerberos/krb5-current/doc/mitK5license.html、http://jibx.sourceforge.net/jibx-license.html、https://github.com/lyokato/libgeohash/blob/master/LICENSE、https://github.com/hjiang/jsonxx/blob/master/LICENSE、https://code.google.com/p/lz4/、https://github.com/jedisct1/libsodium/blob/master/LICENSE、http://one-jar.sourceforge.net/index.php?page=documents&file=license、https://github.com/EsotericSoftware/kryo/blob/master/license.txt、http://www.scala-lang.org/license.html、https://github.com/tinkerpop/blueprints/blob/master/LICENSE.txt、http://gee.cs.oswego.edu/dl/classes/EDU/oswego/cs/dl/util/concurrent/intro.html、https://aws.amazon.com/asl/、https://github.com/twbs/bootstrap/blob/master/LICENSE、および https://sourceforge.net/p/xmlunit/code/HEAD/tree/trunk/LICENSE.txt。

    本製品には、Academic Free License(http://www.opensource.org/licenses/afl-3.0.php)、Common Development and Distribution License(http://www.opensource.org/licenses/cddl1.php)、Common Public License(http://www.opensource.org/licenses/cpl1.0.php)、Sun Binary Code License Agreement Supplemental License Terms、BSD License(http:// www.opensource.org/licenses/bsd-license.php)、BSD License(http://opensource.org/licenses/BSD-3-Clause)、MIT License(http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php)、Artistic License(http://www.opensource.org/licenses/artistic-license-1.0)、Initial Developer’s Public License Version 1.0(http://www.firebirdsql.org/en/initial-developer-s-public-license-version-1-0/)に基づいて許諾されたソフトウェアが含まれています。

    本製品には、ソフトウェア copyright (C) 2003-2006 Joe WaInes, 2006-2007 XStream Committers が含まれています。All rights reserved. 本ソフトウェアに関する許諾および制限は、http://j.org/license.html にある使用条件に従います。本製品には、Indiana University Extreme! Lab によって開発されたソフトウェアが含まれています。詳細については、http://www.extreme.indiana.edu/を参照してください。

    本製品には、ソフトウェア Copyright (C) 2013 Frank Balluffi and Markus Moeller が含まれています。All rights reserved. 本ソフトウェアに関する許諾および制限は、MIT ライセンスの使用条件に従います。

    特許については、https://www.informatica.com/legal/patents.html を参照してください。

    免責: 本文書は、一切の保証を伴わない「現状渡し」で提供されるものとし、Informatica LLC は他社の権利の非侵害、市場性および特定の目的への適合性の黙示の保証などを含めて、一切の明示的および黙示的保証の責任を負いません。Informatica LLC では、本ソフトウェアまたはドキュメントに誤りのないことを保証していません。本ソフトウェアまたはドキュメントに記載されている情報には、技術的に不正確な記述や誤植が含まれる場合があります。本ソフトウェアまたはドキュメントの情報は、予告なしに変更されることがあります。

    NOTICES

    この Informatica 製品(以下「ソフトウェア」)には、Progress Software Corporation(以下「DataDirect」)の事業子会社である DataDirect Technologies からの特定のドライバ(以下「DataDirect ドライバ」)が含まれています。DataDirect ドライバには、次の用語および条件が適用されます。

    1.DataDirect ドライバは、特定物として現存するままの状態で提供され、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示

    もしくは黙示の保証責任を負わないものとします。国または地域によっては、法律の強行規定により、保証責任の制限が禁じられる場合、強行規定の制限を受

    けるものとします。

    2.DataDirect または第三者は、予見の有無を問わず発生した ODBC ドライバの使用に関するいかなる直接的、間接的、偶発的、特別、あるいは結果的損害に対し

    て責任を負わないものとします。本制限事項は、すべての訴訟原因に適用されます。訴訟原因には、契約違反、保証違反、過失、厳格責任、詐称、その他の不

    法行為を含みますが、これらに限るものではありません。

    本マニュアルの情報は、予告なしに変更されることがあります。お客様が本書内に問題を発見された場合は、書面にて当社までお知らせください。Informatica LLC 2100 Seaport Blvd.Redwood City, CA 94063。

    Informatica LLC は、商品性、特定目的への適合性、非侵害性の保証等を含めて、明示的または黙示的ないかなる種類の保証をせず、本マニュアルの情報を「現状のまま」提供するものとします。

    発行日: 2017-03-20

    https://www.informatica.com/legal/patents.html

  • 目次

    序文............................................................ 7

    Informatica のリソース. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7

    Informatica Network. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7

    Informatica ナレッジベース. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7

    Informatica マニュアル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

    Informatica 製品可用性マトリックス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

    Informatica Velocity. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

    Informatica Marketplace. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

    Informatica グローバルカスタマサポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

    第 1 章 : PowerExchange for Salesforce について................ 9

    PowerExchange for Salesforce の概要について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9

    PowerCenter と Salesforce の統合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10

    Designer と Salesforce の統合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10

    PowerCenter Integration Service と Salesforce の統合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10

    第 2 章 : 設定................................................. 12

    設定の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12

    プラグイン登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12

    プラグインの登録. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13

    Salesforce API のバージョン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13

    サポートされている Salesforce のバージョン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13

    一括 API ターゲットセッションの Java 要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14

    Java ヒープサイズの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15

    HTTP プロキシオプション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15

    PowerCenter クライアントの HTTP プロキシオプションの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15

    PowerCenter Integration Service の HTTP プロキシオプションの設定. . . . . . . . . . . . . . . . 17

    第 3 章 : Salesforce のソースおよびターゲット.................. 18

    Salesforce のソースおよびターゲットの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18

    関連する Salesforce オブジェクトからのフィールドのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18

    関連する Salesforce オブジェクトからのフィールドのインポートのルールおよびガイドラ

    イン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19

    Salesforce のソース. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

    Salesforce のソースのタイムゾーン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

    Salesforce のソースからの時間の変換. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

    Salesforce ターゲット. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

    Salesforce のターゲットのタイムゾーン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21

    Salesforce のターゲットの可能なアップデートストラテジの特定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21

    Salesforce のターゲットのアップデートストラテジのルールおよびガイドライン. . . . . . . . . 22

    4 目次

  • Salesforce のソースまたはターゲット定義のインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22

    第 4 章 : Salesforce ルックアップトランスフォーメーション..... 24

    Salesforce ルックアップトランスフォーメーションの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24

    Salesforce ルックアップコンポーネント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25

    Salesforce ルックアップポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26

    ルックアップポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26

    パススルーポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27

    LKP_FILTER ポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27

    LKP_MATCHIDX ポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28

    Salesforce ルックアップクエリ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28

    Salesforce ルックアップトランスフォーメーションの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29

    第 5 章 : Salesforce 統合トランスフォーメーション.............. 30

    Salesforce 統合トランスフォーメーションの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30

    サンプルの Salesforce 統合トランスフォーメーション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31

    Salesforce 統合のコンポーネント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31

    Salesforce 統合のポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32

    Salesforce オブジェクトの属性ポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32

    ID および SlaveID の入力ポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32

    MergedID、MergedSlaveID1、および MergedSlaveID2 の出力ポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . 32

    Salesforce 統合トランスフォーメーションのルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . . . . . 33

    Salesforce 統合トランスフォーメーションの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33

    第 6 章 : Salesforce PickList トランスフォーメーション........ 35

    Salesforce PickList トランスフォーメーションの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35

    Salesforce PickList のコンポーネント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36

    Salesforce PickList のポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36

    Salesforce PickList トランスフォーメーションのルールおよびガイドライン. . . . . . . . . . . . . . 37

    Salesforce PickList トランスフォーメーションの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37

    第 7 章 : Salesforce セッションとワークフロー.................. 39

    Salesforce セッションとワークフローの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39

    Salesforce 接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39

    Salesforce 接続の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40

    Salesforce のソースとのセッションの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40

    ソースデータのフィルタリング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41

    削除済みおよびアーカイブ済みの Salesforce レコードのキャプチャ. . . . . . . . . . . . . . . . . 42

    変更データのキャプチャ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42

    継続 CDC セッション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43

    時間枠ベースの CDC セッション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44

    変更データのキャプチャでの SystemModstamp または LastModifiedDate タイムスタンプの

    使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44

    目次 5

  • 一括 API ソースセッション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45

    Salesforce のターゲットとのセッションの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45

    ターゲットに対する更新/挿入操作の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47

    最大バッチサイズの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48

    更新操作および更新/挿入操作での NULL 値の処理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48

    PowerExchange for Salesforce セッションのログの詳細. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49

    更新/挿入用の idLookup による外部 ID のオーバーライド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50

    一括 API ターゲットセッション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50

    一括 API ターゲットセッションを監視. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51

    一括 API ターゲットロードタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51

    Bulk API ターゲット成功ファイルおよびエラーファイル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51

    一括 API ターゲットによる物理削除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53

    セッションパフォーマンスを最㽩にする設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54

    DTM バッファサイズの調整. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54

    文字フィールドの精度の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54

    付録 A : データタイプリファレンス.............................. 55

    データタイプリファレンスの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55

    Salesforce データタイプとトランスフォーメーションデータタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55

    付録 B : 用語集................................................ 58

    索引........................................................... 60

    6 目次

  • 序文

    『PowerExchange® for Salesforce PowerCenter®ユーザーガイド』は、Salesforce マッピングの作成、

    Salesforce オブジェクトからのデータの抽出、および Salesforce オブジェクトへのデータのロードに関する

    情報を提供しています。本書は、Salesforce オブジェクトからのデータの抽出や、Salesforce オブジェクト

    へのデータのロードに携わる開発者を想定して作成されています。

    読者には、Web サービスの概念、リレーショナルデータベースの概念、PowerCenter および Salesforce に関す

    る知識が必要です。 さらに、その他のサポートアプリケーションのインタフェース要件についても理解してい

    る必要があります。関連する Salesforce の問題の詳細については、Salesforce のマニュアルを参照してくだ

    さい。

    Informatica のリソース

    Informatica Network

    Informatica Network は、 Informatica グローバルカスタマサポート、Informatica ナレッジベースなどの製

    品リソースをホストします。Informatica Network には、https://network.informatica.com からアクセスし

    てください。

    メンバーは以下の操作を行うことができます。

    • 1 つの場所からすべての Informatica のリソースにアクセスできます。

    • ドキュメント、FAQ、ベストプラクティスなどの製品リソースをナレッジベースで検索できます。

    • 製品の提供情報を表示できます。

    • 自分のサポート事例を確認できます。

    • 最寄りの Informatica ユーザーグループネットワークを検索して、他のユーザーと共同作業を行えます。

    Informatica ナレッジベース

    ドキュメント、ハウツー記事、ベストプラクティス、PAM などの製品リソースを Informatica Network で検索

    するには、Informatica ナレッジベースを使用します。

    ナレッジベースには、https://kb.informatica.com からアクセスしてください。ナレッジベースに関する質

    問、コメント、ご意見の連絡先は、Informatica ナレッジベースチーム([email protected])で

    す。

    7

    HTTPS://NETWORK.INFORMATICA.COM/http://kb.informatica.commailto:[email protected]

  • Informatica マニュアル

    使用している製品の最新のドキュメントを取得するには、

    https://kb.informatica.com/_layouts/ProductDocumentation/Page/ProductDocumentSearch.aspx にある

    Informatica ナレッジベースを参照してください。

    このマニュアルに関する質問、コメント、ご意見の電子メールの送付先は、Informatica マニュアルチーム

    [email protected])です。

    Informatica 製品可用性マトリックス

    製品可用性マトリックス(PAM)には、製品リリースでサポートされるオペレーティングシステム、データベー

    スなどのデータソースおよびターゲットが示されています。Informatica Network メンバである場合は、PAM

    (https://network.informatica.com/community/informatica-network/product-availability-matrices)に

    アクセスできます。

    Informatica Velocity

    Informatica Velocity は、Informatica プロフェッショナルサービスによって開発されたヒントおよびベスト

    プラクティスのコレクションです。数多くのデータ管理プロジェクトの経験から開発された Informatica

    Velocity には、世界中の組織と協力して優れたデータ管理ソリューションの計画、開発、展開、および維持を

    行ってきた弊社コンサルタントの知識が集約されています。

    Informatica Network メンバである場合は、Informatica Velocity リソース

    (http://velocity.informatica.com)にアクセスできます。

    Informatica Velocity についての質問、コメント、またはアイデアがある場合は、[email protected] から

    Informatica プロフェッショナルサービスにお問い合わせください。

    Informatica Marketplace

    Informatica Marketplace は、お使いの Informatica 製品を強化したり拡張したりするソリューションを検索

    できるフォーラムです。Informatica の開発者およびパートナーの何百ものソリューションを利用して、プロ

    ジェクトで実装にかかる時間を短縮したり、生産性を向上させたりできます。Informatica Marketplace には、

    https://marketplace.informatica.com からアクセスできます。

    Informatica グローバルカスタマサポート

    Informatica Network の電話またはオンラインサポートからグローバルカスタマサポートに連絡できます。

    各地域の Informatica グローバルカスタマサポートの電話番号は、Informatica Web サイト

    (http://www.informatica.com/us/services-and-training/support-services/global-support-centers)を

    参照してください。

    Informatica Network メンバである場合は、オンラインサポート(http://network.informatica.com)を使用

    できます。

    8 序文

    https://kb.informatica.com/_layouts/ProductDocumentation/Page/ProductDocumentSearch.aspxmailto:[email protected]://network.informatica.com/community/informatica-network/product-availability-matriceshttp://velocity.informatica.commailto:[email protected]://marketplace.informatica.comhttp://www.informatica.com/us/services-and-training/support-services/global-support-centers/http://network.informatica.com

  • 第 1 章

    PowerExchange for Salesforce について

    この章では、以下の項目について説明します。

    • PowerExchange for Salesforce の概要について, 9 ページ

    • PowerCenter と Salesforce の統合, 10 ページ

    PowerExchange for Salesforce の概要についてPowerExchange for Salesforce は、PowerCenter と Salesforce を統合することによって Salesforce のソース

    からデータを抽出し、データを Salesforce ターゲットに書き出します。 Salesforce のソースとターゲット

    は、Salesforce オブジェクトモデルのオブジェクトを表します。Salesforce オブジェクトとは、Salesforce

    Web サイトのタブや他のユーザーインタフェース要素に対応するテーブルです。 例えば、Account オブジェク

    トには、Salesforce の[アカウント]タブのフィールドに表示される情報が含まれます。 Salesforce オブジ

    ェクトのデータを表示、更新、および削除できます。

    PowerExchange for Salesforce では、Salesforce のセキュリティモデルを使用してデータアクセス制御を実

    行しています。 データにアクセスできるかどうかは、Salesforce の組織(org)によって異なります。これ

    は、Salesforce への接続時に使用するユーザーログインに関連付けられています。 また、ログインに関連付

    けられたユーザー権限、フィールドおよび行レベルの権限にも依存します。

    Workflow Manager で作成するアプリケーション接続オブジェクト内か、もしくは Designer の Salesforce オブ

    ジェクトのインポート時に、Salesforce のログインユーザーとパスワードを指定します。 PowerExchange for

    Salesforce では、Salesforce API を使用して既存のアクセスポリシーを適用し、データアクセスの制限事項

    を追加しません。

    PowerExchange for Salesforce には以下の利点があります。

    • データの統合と移行。他のアプリケーションなど、多種多様なデータソースのデータと Salesforce データ

    を統合します。 さらに、PowerCenter を使用して各種データソースから Salesforce にデータを移行しま

    す。

    • データ分析。PowerCenter に内蔵するデータ品質機能を使用して Salesforce データの分析および評価を行

    います。

    • PowerCenter を介した Salesforce の機能へのアクセス。PowerCenter のソースとターゲットとして

    Salesforce オブジェクトへのフルアクセスが可能です。

    9

  • PowerCenter と Salesforce の統合PowerExchange for Salesforce によって Salesforce と Designer が統合されるため、Salesforce オブジェク

    トを PowerCenter にインポートして、マッピングに使用できます。 また、Salesforce と PowerCenter

    Integration Service を統合するため、Salesforce データの抽出、トランスフォーム、ロードを行うワークフ

    ローを実行できます。

    PowerExchange for Salesforce では、Transport Layer Security(TLS)を使用して、インターネットを通過

    するすべてのデータを暗号化します。暗号化には SHA-256 ビットが使用されます。さらに、ユーザ ID、パスワ

    ード、セッション ID をリポジトリや一時的なストレージに保存する前にも 256 ビットの暗号化が使用されま

    す。

    Designer と Salesforce の統合

    Designer を使用して、Salesforce オブジェクトを Salesforce のソース定義またはターゲット定義、

    Salesforce ルックアップ、統合、または Picklist トランスフォーメーションとしてインポートします。 次

    に、PowerCenter と Salesforce のシームレスな統合のた㽩に、マッピングでそれらのオブジェクトを使用でき

    ます。

    標準とカスタムの両方の Salesforce オブジェクトをインポートできます。 標準オブジェクトタイプとは、

    Account、AccountPartner、Event、Opportunity、Product などの、Salesforce で用意されているオブジェク

    トです。

    カスタムオブジェクトタイプは、組織固有のデータエンティティを定義することにより、Salesforce データを

    組織用に拡張します。 Salesforce の管理者は、標準およびカスタムオブジェクトの両方に対してカスタムフ

    ィールドを定義できます。

    Designer は、Salesforce ログインを使用して Salesforce サービスに接続します。 次に、インポートに使用

    可能なオブジェクトのリストを生成します。

    PowerCenter Integration Service と Salesforce の統合

    PowerCenter Integration Service は、Salesforce データの抽出、トランスフォーム、ロードを行うために、

    Salesforce に接続します。 PowerCenter Integration Service は、Salesforce ログインコールを使用して

    Salesforce サービスに対する認証を行います。 本番環境か、Salesforce Sandbox と呼ばれる特別なテストお

    よび開発環境のいずれかを使用するように、ログインサーバーを指定できます。

    接続オブジェクトには、Salesforce のユーザー ID、パスワード、実行時接続のエンドポイント URL 情報が格

    納されます。また、PowerCenter サーバーの IP アドレスを Salesforce の信頼できる IP リストに追加していな

    い場合には、セキュリティトークンも格納します。マッピングの各 Salesforce のソースまたはターゲットは、

    Salesforce アプリケーション接続のオブジェクトを参照します。マッピングで複数の Salesforce アプリケー

    ション接続を使用することでソースとターゲットの Salesforce データの異なるセットにアクセスできます。

    PowerCenter Integration Service は、Salesforce セキュリティメカニズムを使用してユーザーの認証とセッ

    ションの管理を行います。 Salesforce API は、実行時セッションの開始時点で、ユーザー ID およびパスワー

    ドの認証を行います。

    セッション実行時に、PowerCenter Integration Service は、マッピング内の Salesforce のソース定義とフ

    ィールドプロジェクションに基づく SOQL クエリを生成します。 SOQL 言語は SQL から派生したものです。

    Salesforce API が、実行時に SOQL 構文検査を実行します。

    PowerCenter Integration Service では、Salesforce オブジェクトに対する読み出しおよび書き込みを行うた

    めに、Salesforce API が使用されます。 大量の Salesforce データを読み出すときに、PowerCenter

    Integration Service はデータを小さなセグメントに分割します。 PowerExchange for Salesforce は、クエ

    リ結果のセット全体が取得されるまで、サブセットに対する順次要求を送信します。

    10 第 1 章: PowerExchange for Salesforce について

  • PowerCenter Integration Service は、SOAP プロトコルを使用し、PowerCenter Integration Service と

    Salesforce サービス間でデータを送信します。 パフォーマンスを改善するために、PowerCenter Integration

    Service は、HTTP 圧縮を使用して、インターネットで送信される SOAP パケットのサイズを小型化します。

    PowerCenter Integration Service が Salesforce にデータを書き込むときに、PowerCenter のデータタイプは

    Salesforce のデータタイプに変換されます。

    コードページ

    Salesforce では、UTF-16LE 文字を処理します。 PowerCenter Integration Service では、次のデータ移動モ

    ードに基づいて Salesforce データを処理します。

    • ASCII。PowerCenter Integration Service は ASCII モードで実行しているとき、コードページ検査やデー

    タ変換をまったく行いません。 Salesforce ターゲットへの書き込みの際、PowerCenter Integration

    Service が ASCII モードで動作しているのに ASCII 以外の文字データも処理する場合、整合性が取れない、

    または切り詰められたデータになる可能性があります。

    • Unicode。 PowerCenter Integration Service は、Unicode モードで実行時に、データをソース文字セット

    から UCS-2 に変換し、データを処理してから、データをロードする前に UCS-2 データをターゲットコードペ

    ージ文字セットに変換します。 セッションが Salesforce ターゲットに書き込む場合、PowerCenter

    Integration Service は UCS-2 データを UTF-16LE 文字セットに変換します。

    PowerCenter と Salesforce の統合 11

  • 第 2 章

    設定

    この章では、以下の項目について説明します。

    • 設定の概要, 12 ページ

    • プラグイン登録, 12 ページ

    • Salesforce API のバージョン, 13 ページ

    • 一括 API ターゲットセッションの Java 要件, 14 ページ

    • Java ヒープサイズの設定, 15 ページ

    • HTTP プロキシオプション, 15 ページ

    設定の概要PowerExchange for Salesforce は PowerCenter とともにインストールされます。

    以前のバージョンからアップグレードする場合は、PowerExchange for Salesforce プラグインを PowerCenter

    リポジトリに登録する必要があります。

    プラグイン登録以前のバージョンからアップグレードする場合は、PowerExchange for Salesforce プラグインを PowerCenter

    リポジトリに登録する必要があります。

    プラグインとは、PowerExchange for Salesforce の機能を定義する XML ファイルです。 プラグインを登録す

    るには、リポジトリが排他モードで実行中である必要があります。pmrep RegisterPlugin コマンドを使用して

    プラグインを登録します。

    PowerExchange for Salesforce のプラグインファイルは pmsfdc.xml です。Repository コンポーネントをイン

    ストールすると、pmsfdc.xml ファイルが次のディレクトリにコピーされます。

    /server/bin/native

    注: プラグインを登録するための適切な特権がない場合は、PowerCenter リポジトリサービスの管理ユーザー

    に連絡してください。

    12

  • プラグインの登録

    pmrep registerplugin コマンドを使用して Salesforce プラグインを登録するには、次の手順を実行します。

    1. PowerCenter リポジトリサービスを無効にします。

    2. リポジトリモードを[ノーマル]から[排他]に変更します。

    3. PowerCenter リポジトリサービスを有効にします。

    4. リポジトリサービスが実行されている PowerCenter サーバーマシンで、/server/bin に移動し、

    pmrep connect -r -d -n -x コマ

    ンドを実行します。

    5. pmrep registerplugin コマンド(pmrep registerplugin -i /server/bin/native/pmsfdc.xml -e -

    N)を実行して、Salesforce プラグインを登録します。

    6. PowerCenter リポジトリサービスを無効にします。

    7. リポジトリモードを[排他]から[ノーマル]に変更します。

    8. PowerCenter リポジトリサービスを有効にします。

    Salesforce API のバージョンPowerExchange for Salesforce はバージョン 33.0 の Salesforce API を使用します。PowerExchange for

    Salesforce ではバージョン 7、8、16 の Salesforce API をサポートしていません。必要な場合は、サポートさ

    れているバージョンの Salesforce API への接続を更新します。

    最新バージョンの Salesforce API を使用するには、アプリケーション接続を作成します。アプリケーション

    接続内の Salesforce サービスの URL を更新することもできます。バージョン 33.0 の Salesforce API を使用

    するには、次の Salesforce サービスの URL を使用します。

    https://www.salesforce.com/services/Soap/u/33.0

    Salesforce オブジェクトの構造体が以前のバージョンオブジェクトと異なる場合、Salesforce オブジェクト

    を再度インポートします。オブジェクトをインポートした後、関連するマッピングを分析して、マッピングを

    更新する必要があるかどうかを判断します。

    サポートされている Salesforce のバージョン

    以前のリリースの PowerExchange for Salesforce でサポートされている Salesforce API のバージョンを使用

    できます。

    以下の表に、サポートされている各 Salesforce API に対応する Salesforce サービスの URL を一覧で示しま

    す。

    PowerExchange for Salesforce のバージョン Salesforce サービスの URL

    9.6.1.4.1 https://login.salesforce.com/services/Soap/u/33.0

    9.6.1 HotFix 4 https://login.salesforce.com/services/Soap/u/27.0

    10.0 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/33.0

    9.6.1.3.1 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/33.0

    Salesforce API のバージョン 13

  • PowerExchange for Salesforce のバージョン Salesforce サービスの URL

    9.6.1.1.1 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/32.0

    9.5.1.4.2, 9.6.1.0.1 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/31.0

    9.6.1 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/27.0

    9.5.1.4.1 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/30.0

    9.5.1 HotFix 1、9.5.1 HotFix 4 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/27.0

    9.5.1 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/26.0

    9.5.0 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/24.0

    9.1.0 HotFix 5 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/25.0

    9.1.0 HotFix 3、9.1.0 HotFix 4 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/23.0

    9.1.0 HotFix 2 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/21.0

    9.1.0、9.1.0 HotFix 1 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/20.0

    9.0.1 HotFix 1、9.0.1 HotFix 2、および8.6.1.0.4

    https://www.salesforce.com/services/Soap/u/19.0

    9.0.1 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/18.0

    9.0 https://www.salesforce.com/services/Soap/u/17.0

    一括 API ターゲットセッションの Java 要件Salesforce 一括 API を使用して Salesforce ターゲットにデータを書き込む場合は、PowerCenter 統合サービ

    スマシン上の Java 一時ディレクトリに最低でも 10 MB の空き容量があることを確認してください。推奨される

    空き容量は 50 MB です。

    データの書き込み時に、Salesforce 一括 API は各バッチのデータを Java 一時ディレクトリ内のファイルに圧

    縮し、その圧縮したバッチファイルを Salesforce に処理のために送信します。Java 一時ディレクトリに最低

    でも 10 MB~50 MB の領域を設定します。

    Java 一時ディレクトリは、以下の場所にあります。

    • Windows の場合: C:\Windows\Temp。

    • UNIX ノードの場合: /tmp。

    14 第 2 章: 設定

  • Java ヒープサイズの設定Salesforce セッションで読み取り操作を正常に実行するには、データ統合サービスを実行するノードの Java

    ヒープサイズのメモリを設定します。

    Java ヒープサイズを設定するには、次の手順を実行します。

    1. 管理コンソールで、Java ヒープサイズを変更するデータ統合サービスに移動します。

    2. [プロセス]タブをクリックします。

    3. [カスタムプロパティ]をクリックします。[カスタムプロパティの編集]ダイアログボックスが表示され

    ます。

    4. [新規]をクリックして新しいカスタムプロパティを追加します。以下の表に、プロパティ名とサンプル値

    を示します。

    5. プロパティ名と値を指定します。

    プロパティ名 プロパティ値 サンプル値

    JVMOption1 最大ヒープサイズを設定する-Xmx -Xmx1024m

    JVMOption2 最小ヒープサイズを設定する-Xms -Xms512m

    注: 処理するデータに基づいて最大ヒープサイズと最小ヒープサイズを指定します。

    6. データ統合サービスを再起動します。

    HTTP プロキシオプションPowerExchange for Salesforce をインストールしていてインターネットのアクセスにプロキシサーバーを使用

    している場合、HTTP プロキシサーバーの認証設定を行う必要があります。次の PowerCenter コンポーネントに

    対して HTTP プロキシオプションを設定します。

    • PowerCenter クライアント

    • PowerCenter Integration Service

    PowerExchange for Salesforce をアップグレードする場合は、各コンポーネントの HTTP プロキシオプション

    の設定が正しいことを確認します。

    PowerCenter クライアントの HTTP プロキシオプションの設定

    PowerCenter クライアントの HTTP プロキシオプションの設定を行うには、pmsfdc.ini という名前のテキスト

    ファイルを使用します。このファイルは、次のディレクトリに配置されています。

    \clients\PowerCenterClient\client\bin\

    PowerCenter クライアントの HTTP プロキシオプションを設定する手順

    1. テキストエディタを使用して新しいテキストファイルを作成し、「pmsfdc.ini」という名前で次のディレ

    クトリに保存します。

    \clients\PowerCenterClient\client\bin\

    または、\clients\PowerCenterClient\client\bin ディレクト

    リにある pmsfdc.ini ファイルを、テキストエディタで開いて編集します。

    Java ヒープサイズの設定 15

  • 2. テキストファイルに記述される次のパラメータごとに適切な値を指定して設定を行います。

    パラメータ 必須/オプション

    説明

    ProxyHost 必須 プロキシホスト名。

    ProxyPort 必須 プロキシポート番号。

    ProxyUser 必須 プロキシアカウントのユーザー名。

    ProxyPassword 必須 プロキシアカウントのパスワード。

    暗号化済み オプション プロキシパスワードが暗号化されている場合に使用します。PowerCenter コマンドラインプログラム pmpasswd を使用して、プロキシパスワードを暗号化します。

    次のいずれかのオプションを使用します。- DEFAULT. 暗号化タイプに CRYPT_DATA を使用して暗号化されたパスワードで使用します。

    - SYSTEM. 暗号化タイプに CRYPT_SYSTEM を使用して暗号化されたパスワードで使用します。

    プロキシパスワードが暗号化されている場合は必須です。

    以下に例を示します。

    ProxyHost=d123456.informatica.comProxyPort=8082ProxyUser=adminProxyPassword=password123

    暗号化されたプロキシパスワードの使用

    PowerCenter Client で HTTP プロキシオプションを設定した場合、セキュリティを高めるために暗号化された

    プロキシアカウントのパスワードを使用できます。

    暗号化されたパスワードを使用するには、次のタスクを実行します。

    1. PowerCenter コマンドラインプログラム pmpasswd を使用して、プロキシアカウントのパスワードを暗号化

    します。

    pmpasswd は、PowerCenter Integration Service マシンの次のディレクトリにあります。

    /server/bin

    パスワードを暗号化するときに、暗号化タイプとして CRYPT_DATA または CRYPT_SYSTEM を使用できます。

    2. 暗号化されたパスワードは、pmsfdc.ini ファイルのプロキシパスワードとして使用できます。

    3. 暗号化されたパラメータを pmsfdc.ini ファイルに追加し、パラメータを次のように設定します。

    • 暗号化タイプが CRYPT_DATA の場合は、暗号化されたパスワードに DEFAULT を指定します。

    • 暗号化タイプが CRYPT_SYSTEM の場合は、暗号化されたパスワードに SYSTEM を指定します。

    16 第 2 章: 設定

  • PowerCenter Integration Service の HTTP プロキシオプションの設定

    インターネットへの接続にプロキシサーバーを使用している場合、PowerCenter Integration Service で HTTP

    プロキシサーバー認証設定を行う必要があります。PowerCenter Integration Service で HTTP プロキシオプシ

    ョンを設定する手順

    1. 管理者ツールを開きます。

    2. [管理]タブをクリックして、PowerCenter Integration Service を選択します。

    3. [プロパティ]タブをクリックします。

    4. [HTTP プロキシのプロパティ]セクションで[編集]をクリックします。

    5. 以下の表に説明する内容に従ってプロパティを設定します。

    プロパティ 説明

    HTTP プロキシサーバーのホスト HTTP プロキシサーバ名

    HttpProxyPort HTTP プロキシサーバーのポート番号。

    HttpProxyUser HTTP プロキシサーバーの認証ユーザー名。

    HttpProxyPassword 認証されたユーザーのパスワード。

    HttpProxyDomain 認証用ドメイン。

    HTTP プロキシオプション 17

  • 第 3 章

    Salesforce のソースおよびターゲット

    この章では、以下の項目について説明します。

    • Salesforce のソースおよびターゲットの概要, 18 ページ

    • 関連する Salesforce オブジェクトからのフィールドのインポート, 18 ページ

    • Salesforce のソース, 20 ページ

    • Salesforce ターゲット, 20 ページ

    • Salesforce のソースまたはターゲット定義のインポート, 22 ページ

    Salesforce のソースおよびターゲットの概要Designer を使用して、Salesforce のソースおよびターゲット定義を PowerCenter リポジトリにインポートし

    ます。 Salesforce のユーザーアカウントで入手可能な任意の標準またはカスタムの Salesforce オブジェクト

    からメタデータをインポートできます。

    Salesforce の定義をインポートすると、Salesforce オブジェクトの各フィールドに対して 1 つのポートが

    Designer で作成されます。Salesforce の定義をインポートすると、さらに関連オブジェクトのフィールドも

    インポートできます。 Designer では、Salesforce で定義されたリレーションに基づいて関連オブジェクトを

    特定します。

    Salesforce の定義を手動で作成する場合、Designer ではフィールドなしの定義が作成され、フィールドを追

    加することはできません。

    関連する Salesforce オブジェクトからのフィールドのインポート

    Salesforce オブジェクトをインポートする場合、関連する Salesforce オブジェクトのフィールドを同じソー

    ス定義、ターゲット定義、またはトランスフォーメーションにインポートできます。 フィールドは、子オブジ

    ェクトおよび関連する派生オブジェクトからインポートできます。

    Designer では、Salesforce で定義されたリレーションに基づいて、関連する Salesforce オブジェクトを特定

    します。 関連するオブジェクトには、標準およびカスタムの Salesforce オブジェクトがあります。

    18

  • 例えば、商談をソースとしてインポートする場合、以下の関連する子オブジェクトのフィールドもインポート

    できます。

    • Account。デフォルトで、Opportunity オブジェクトは、商談の取引先 ID を格納します。 関連する

    Account オブジェクトをインポートする場合、取引先名、取引先業種、取引先の親など、各アカウントの詳

    細を表示できます。

    • Campaign。デフォルトで、Opportunity オブジェクトは、商談のキャンペーン ID を格納します。 関連する

    Campaign オブジェクトをインポートする場合、キャンペーン名、キャンペーン種別、キャンペーンの説明、

    キャンペーン開始日とキャンペーン終了日など、各キャンペーンの詳細を表示できます。

    この場合、Opportunity オブジェクトは定義のプライマリ Salesforce オブジェクトとなり、Account および

    Campaign オブジェクトは関連する子オブジェクトになります。 プライマリ Salesforce オブジェクトは、定義

    の作成に使用されるプライマリオブジェクトです。

    また、関連する派生オブジェクトをインポートすることもできます。これらのオブジェクトは、プライマリオ

    ブジェクトに間接的に関連付けられます。 例えば、Opportunity オブジェクトをインポートするときに、関連

    する Account の子オブジェクトとの Accounts リレーションに基づいて、関連する User の派生オブジェクトも

    インポートできます。 取引先所有者名、取引先所有者電話、取引先所有者、取引先所有者電子メールなど、取

    引先所有者に関する詳細情報を取得するには、User オブジェクトのフィールドをインポートします。

    Designer でプライマリ Salesforce オブジェクトをインポートするときに、インポートする関連オブジェクト

    を指定することもできます。 Designer では、以下の命名規則を使用して関連オブジェクトを表示します。

    ()

    Designer では、Salesforce での定義どおりにリレーション名とオブジェクト名が表示されます。

    注: Salesforce オブジェクトとその関連オブジェクトをインポートする場合、一部の関連オブジェクトが表示

    されないことがあります。 Salesforce API は、すべての関連オブジェクトとそのリレーションを公開するわ

    けではありません。

    関連する Salesforce オブジェクトからのフィールドのインポートのルールおよびガイドライン

    関連する Salesforce オブジェクトからフィールドをインポートする場合は、以下のルールおよびガイドライン

    を使用してください。

    • 以下の場合、関連オブジェクトのフィールドをインポートして Salesforce のソース定義を作成します。

    - Salesforce からのみデータを抽出する。

    - Salesforce オブジェクトと 1 つ以上の関連オブジェクトのデータをロードする。

    -ターゲットにロードする前にソースデータのトランスフォーメーションを実行する必要がない。

    -複数の Salesforce オブジェクトからデータを結合する場合にセッションのパフォーマンスを向上させる。

    ジョイナトランスフォーメーションを使用して複数の Salesforce オブジェクトからのデータを結合する

    代わりに、Salesforce のソース定義で関連オブジェクトのフィールドをインポートしてパフォーマンスの

    向上を図ります。

    • 関連オブジェクトが親オブジェクトの場合は、関連オブジェクトからフィールドをインポートできません。

    • 関連オブジェクトがクエリ可能でない場合(添付ファイル、メモまたは活動予定オブジェクトなどの場合)

    は、関連オブジェクトからフィールドをインポートできません。クエリ可能でないオブジェクトの詳細につ

    いては、Salesforce のマニュアルを参照してください。

    • レコードを Salesforce ターゲットおよびその関連オブジェクトに更新/挿入する場合は、関連オブジェクト

    のフィールドをインポートして Salesforce のターゲット定義を作成します。 外部 ID または Salesforce

    idLookup フィールドを使用して、Salesforce ターゲットまたは関連オブジェクトにレコードを挿入/更新

    できます。

    関連する Salesforce オブジェクトからのフィールドのインポート 19

  • • 結合を実行することなく、プライマリ Salesforce オブジェクト内のデータと関連オブジェクト内のデータ

    を検索するには、Salesforce ルックアップトランスフォーメーションに対して関連オブジェクトのフィー

    ルドをインポートします。例えば、商談オブジェクト内の商談情報のルックアップ検索を実行すると同時

    に、関連する取引先オブジェクト内の取引先関連情報も取得できます。

    • プライマリ Salesforce オブジェクト内のデータを関連オブジェクト内のデータとマージする場合は、

    Salesforce 統合トランスフォーメーションに対して関連オブジェクトのフィールドをインポートします。

    • 関連オブジェクトから選択リストの値を取得する場合は、Salesforce PickList トランスフォーメーション

    に対して関連オブジェクトのフィールドをインポートします。

    Salesforce のソースPowerCenter Integration Service では、データを Salesforce のソース定義から抽出できます。 各

    Salesforce オブジェクトに対して、1 つ以上のソース定義をインポートできます。同じ Salesforce オブジェ

    クトに対して複数のソース定義をインポートする場合、各ソース定義にそれぞれ固有の名前を付ける必要があ

    ります。固有の名前が付けられていない場合、Designer はユーザーにその競合を解決するよう要求します。

    PowerCenter Integration Service では、Salesforce ソースからデータを抽出するときに、そのソースに関連

    付けられているアプリケーションソース修飾子内のデータタイプに基づいてそのデータが変換されます。

    Salesforce のソースのタイムゾーン

    Salesforce では、複数のタイムゾーンに datetime データを格納できます。 PowerCenter Integration

    Service では、Salesforce から抽出されたすべての時間のタイムゾーンが、協定世界時(UTC)タイムゾーン

    に変換されます。

    Salesforce のソースからの時間の変換

    PowerCenter Integration Service が Salesforce オブジェクトの Time フィールドからデータを抽出すると

    き、時刻に現在の日付が追加されます。 例えば、PowerCenter Integration Service が 01/01/2007 に

    Salesforce のソースの Time フィールドから 10:46:51.9884 を抽出するとします。 結果として生じる Date/

    Time 値は 01/01/2007 10:46:51.988400 になります。

    Salesforce ターゲットSalesforce のターゲットに対して挿入、更新、削除および更新/挿入操作を実行できます。

    PowerCenter 統合サービスでは、レコード ID に基づいて、レコードが新規、既存、削除済みのいずれであるか

    が特定されます。 Salesforce オブジェクト内のレコードを識別するには、以下の ID のタイプを使用できま

    す。

    • Salesforce ID。Salesforce では、デフォルトで各新規レコードに ID が生成されます。

    • 外部 ID。外部 ID とは、Salesforce の外部で生成される ID のことです。外部 ID を使用して、Salesforce

    ターゲットから更新または削除するレコードを識別することはできません。

    更新操作または更新/挿入操作中に、Salesforce のターゲットにあるレコードの既存の値を NULL 値に置換する

    ように PowerCenter 統合サービスを設定することもできます。 デフォルトでは、PowerCenter 統合サービスは

    既存の値を NULL 値に置換しません。

    20 第 3 章: Salesforce のソースおよびターゲット

  • 関連項目:

    •「更新操作および更新/挿入操作での NULL 値の処理」 (ページ48)

    Salesforce のターゲットのタイムゾーン

    Salesforce ターゲットは、時間データを協定世界時(UTC)データとして保存します。 各マッピングで、ター

    ゲットにデータがロードされる前に、時間データが UTC タイムゾーンに変換されることを確認してください。

    Salesforce のターゲットの可能なアップデートストラテジの特定

    Salesforce ターゲット定義のプロパティを表示して、レコードを Salesforce ターゲットに作成、更新、また

    は更新/挿入できるかどうかを判断できます。 オブジェクトについての詳細を表示するには、ターゲットのタ

    イトルバーをダブルクリックし、[属性]タブを選択します。

    [属性]タブには、インポートされた Salesforce オブジェクトの各フィールドの属性値が表示されます。

    次の表に、各フィールドに表示される属性を示します。

    属性 説明

    SforceName Salesforce のフィールド名。

    フィールド名 Salesforce ターゲットで定義されているフィールド名。

    Createable フィールドにデータを挿入できるかどうかを示します。

    - 0。このフィールドにデータを挿入できません。- 1。このフィールドにデータを挿入できます。PowerCenter の挿入は、Salesforce の作成操作に相当します。

    Updateable フィールドのデータを更新できるかどうかを示します。- 0。このフィールドのデータを更新できません。- 1。このフィールドのデータを更新できます。

    External ID Salesforce カスタムフィールドのみ。 フィールドが外部 ID フィールドであるかどうかを示します。- 0。フィールドは外部 ID フィールドではありません。- 1。フィールドは外部 ID フィールドです。

    各 Salesforce オブジェクトには、外部 ID フィールドとして指定された 1 つのカスタムフィールドを含めることができます。Salesforce では、カスタムフィールド名の語尾に“__c”を追加します。

    idLookup フィールドが idLookup フィールドであるかどうかを示します。- 0。フィールドは idLookup フィールドではありません。- 1。フィールドは idLookup フィールドです。

    idLookup フィールドを使用して、Salesforce 標準オブジェクトの更新/挿入を実行できます。

    Salesforce 属性の詳細については、Salesforce のマニュアルを参照してください。

    Salesforce ターゲット 21

  • Salesforce のターゲットのアップデートストラテジのルールおよびガイドライン

    Salesforce のターゲットに対するアップデートストラテジを設定する場合は、以下のルールおよびガイドライ

    ンに従います。

    • PowerCenter 統合サービスでは、Salesforce のターゲットのレコードにあるシステムフィールドを作成ま

    たは更新できません。 各 Salesforce オブジェクトには、Salesforce で作成または更新される読み取り専

    用のシステムフィールドが含まれます。 例えば、各 Salesforce オブジェクトには ID システムフィールド

    があります。ID フィールドには、レコード固有の識別子が格納されています。Salesforce ターゲット定義

    を含むセッションを実行する場合、PowerCenter 統合サービスではレコードを Salesforce ターゲットに挿

    入しますが、Salesforce では ID を生成します。

    • Salesforce ターゲット内でレコードの更新や削除を行うセッションを設定するには、マッピングにより各

    レコードの ID を渡し、それらを Salesforce ターゲット定義の ID 入力ポートにリンクさせる必要がありま

    す。Salesforce では、ID フィールドを使用してレコードが更新中、または削除中であることを識別します。

    • レコードを更新/挿入するには、外部 ID または Salesforce idLookup フィールドを指定する必要がありま

    す。

    • レコードを削除するには、SalesforceID を指定する必要があります。

    • レコードを挿入するセッション用の ID 入力ポートはリンクする必要がありません。Salesforce が新しいレ

    コードに対して ID を生成します。外部 ID フィールドを使用して、Salesforce オブジェクトのレコードを

    識別する場合、更新/挿入操作を使用し、外部 ID に基づいてレコードを挿入および更新できます。

    Salesforce ターゲットの ID フィールドから ID を取得するのが困難な場合は、外部 ID を使用してレコード

    を更新または挿入/更新することもできます。

    • PowerCenter 統合サービスで更新、更新/挿入、削除のいずれかの操作を実行しているときに一時的なエラ

    ーが検出された場合は、操作が再試行されます。 PowerCenter 統合サービスでは、操作が 5 分間隔で 3 回

    再試行されます。 一時的なエラーには、ネットワーク障害や Salesforce からのタイムアウトなどのエラー

    が含まれます。

    • Salesforce ターゲットには XML 文字を含めることができません。 PowerCenter 統合サービスがソースフィ

    ールドで XML 文字を検出した場合、XML 文字は Salesfoce ターゲットフィールドをロードする前に削除され

    ます。

    Salesforce のソースまたはターゲット定義のインポート

    Salesforce からソースまたはターゲット定義をインポートする手順

    1. 定義をインポートします。

    • Salesforce のソース定義をインポートするには、Source Analyzer で[ソース]-[Salesforce から

    インポート]をクリックします。

    • Salesforce のターゲット定義をインポートするには、Target Designer で[ターゲット]-

    [Salesforce からインポート]をクリックします。

    22 第 3 章: Salesforce のソースおよびターゲット

  • 2. [Salesforce からテーブルをインポート]ダイアログボックスで、以下の情報を入力します。

    インポート属性 説明

    ユーザー名 Salesforce のユーザー名。

    パスワード Salesforce のユーザー名に対するパスワード。パスワードでは、大文字と小文字が区別されます。

    サービスの URL アクセスする Salesforce サービスの URL。

    テストまたは開発環境で、Salesforce Sandbox テスト環境にアクセスできます。Salesforce Sandbox の詳細については、Salesforce のマニュアルを参照してください。

    3. [接続]をクリックします。

    Designer が、Salesforce ユーザーが使用できるオブジェクトのリストを表示します。

    4. インポートするオブジェクトを選択して[OK]をクリックします。

    • 連続した複数のテーブルを選択するには、Shift キーを押したままクリックします。

    • Ctrl キーを押しながら隣接していないものを選択します。

    • [すべて選択]ボタンを使用して、すべてのテーブルを選択します。

    • [すべて非選択]ボタンを用いて、選択の反転表示をすべてクリアすることもできます。

    5. [Salesforce オブジェクトのリレーションを含める]ダイアログボックスで、ソース定義に含める関連オ

    ブジェクトを選択します。

    6. [OK]をクリックします。

    Salesforce のソースまたはターゲット定義のインポート 23

  • 第 4 章

    Salesforce ルックアップトランスフォーメーション

    この章では、以下の項目について説明します。

    • Salesforce ルックアップトランスフォーメーションの概要, 24 ページ

    • Salesforce ルックアップコンポーネント, 25 ページ

    • Salesforce ルックアップポート, 26 ページ

    • Salesforce ルックアップクエリ, 28 ページ

    • Salesforce ルックアップトランスフォーメーションの作成, 29 ページ

    Salesforce ルックアップトランスフォーメーションの概要

    Salesforce ルックアップトランスフォーメーションはアクティブなトランスフォーメーションです。

    Salesforce ルックアップトランスフォーメーションを使用して、Salesforce オブジェクト内のデータをルッ

    クアップします。 例えば、従業員 ID が格納されているソーステーブルに対して、ターゲットテーブルに従業

    員名が含まれるようにすると、要約データが読みやすくなります。Salesforce ルックアップトランスフォーメ

    ーションを使用して、Salesforce オブジェクトの従業員名をルックアップできます。

    Salesforce ルックアップトランスフォーメーションは、Salesforce ユーザーアカウントで使用可能な、標準

    またはカスタムの Salesforce オブジェクトから作成できます。 関連する Salesforce オブジェクトからのフ

    ィールドを Salesforce ルックアップトランスフォーメーションに含めることもできます。

    PowerCenter Integration Service が、トランスフォーメーション内のポートに基づいてルックアップソース

    を問い合わせます。 クエリは、SQL の派生言語である SOQL(sforce Object Query Language)で生成されま

    す。Salesforce ルックアップトランスフォーメーションを入力する各行に対してクエリを生成します。

    PowerCenter Integration Service は、SOQL クエリに基づいてトランスフォーメーションポートの値をルック

    アップソースフィールド値と比較します。

    Salesforce ルックアップトランスフォーメーションは、ルックアップトランスフォーメーションとは異なりま

    す。例えば、Salesforce ルックアップトランスフォーメーションは、ルックアップクエリ条件を満たすすべて

    の行を返します。 ルックアップトランスフォーメーションは 1 行を返します。 Salesforce ルックアップトラ

    ンスフォーメーションは、複数の行を返す場合、条件に一致する行それぞれにシーケンス ID を割り当てます。

    24

  • 次の表に、Salesforce ルックアップトランスフォーメーションとルックアップトランスフォーメーションの違

    いを示します。

    項目 Salesforce ルックアップトランスフォーメーション

    ルックアップトランスフォーメーション

    ルックアップオブジェクト

    Salesforce オブジェクト フラットファイルまたはリレーショナルテーブル

    トランスフォーメーションタイプ

    アクティブ パッシブ

    マッピングでのトランスフォーメーション

    接続済 接続済または未接続

    キャッシュタイプ キャッシュなし キャッシュあり/キャッシュなし

    返される行 一致したすべての行 一致した 1 行

    クエリ言語 SOQL クエリ SQL query

    クエリ条件の設定 接続済みポートに基づく トランスフォーメーションの[条件]タブで定義

    注: Salesforce ルックアップトランスフォーメーションは、データをリアルタイムで取り出すことができま

    す。Salesforce データをキャッシュするには、Salesforce ルックアップトランスフォーメーションではなく

    Salesforce ソース定義を使用します。 ジョイナトランスフォーメーションを使用すると、2 つのデータソー

    スを結合し、処理中にソースデータをキャッシュできます。データ統合サービスでは、結合クエリに入力した

    条件は無視されます。

    Salesforce ルックアップコンポーネントSalesforce ルックアップトランスフォーメーションの設定時に、以下のコンポーネントを定義します。

    • [トランスフォーメーション]タブ。[トランスフォーメーション]タブで、トランスフォーメーションの名

    前の変更、および説明の㽩加が行えます。

    • [ポート]タブ。Salesforce ルックアップトランスフォーメーションには、ルックアップポート、パススル

    ーポート、およびデフォルトポートを含㽩ることができます。

    • [プロパティ]タブ。 トランスフォーメーションのトレースレベルを設定できます。デフォルトのトレース

    レベルは Normal です。さらに、セッションの実行ごとに一貫した出力データを生成するかどうかを指定し

    ます。デフォルトで、一貫した出力データを生成します。

    • [初期化プロパティ]タブ。Salesforce ルックアップトランスフォーメーションは、初期化プロパティを使

    用しません。 PowerCenter Integration Service は、初期化情報をベンダ定義のメタデータエクステンシ

    ョンから取り出します。

    • [メタデータエクステンション]タブ。 儿利用不可能のメタデータエクステンションを作成して、トランス

    フォーメーションのメタデータを拡張します。 エクステンション名、データタイプ、精度、および値を設

    定します。メタデータエクステンションをすべてのトランスフォーメーションで利用可能にしたい場合、メ

    タデータエクステンションを儿利用可能に格上げすることもできます。

    • [ポート属性定義]タブ。 [ポート属性定義]タブに、Salesforce ルックアップトランスフォーメーショ

    ンに対して定義されたポート属性が表示されます。ポート属性は、SforceDataType および SforceName のみ

    です。

    Salesforce ルックアップコンポーネント 25

  • トランスフォーメーションには、PowerCenter Integration Service がルックアップに使用しない、設定可能

    なカスタムトランスフォーメーションプロパティがあります。 PowerCenter Integration Service は、実行時

    にこれらの設定可能なプロパティを無視します。

    次の表に、Salesforce ルックアップトランスフォーメーションが使用しない設定可能なプロパティを示しま

    す。

    プロパティ 場所 説明

    実行時位置 [プロパティ]タブ。 PowerCenter Integration Service は、実行時位置を無視します。

    初期化プロパティ [初期化プロパティ]タブ。

    PowerCenter Integration Service は、初期化プロパティを無視します。 初期化情報をベンダ定義のメタデータエクステンションから取り出します。

    ポート属性定義 [ポート属性定義]タブ。 Salesforce ルックアップトランスフォーメーションは、SforceDataType という名前のポート属性定義を使用します。㽩加のポート属性定義を設定した場合、PowerCenter Integration Service はそれらを無視します。

    Salesforce ルックアップポートSalesforce ルックアップトランスフォーメーションに、以下のタイプのポートを含めることができます。

    • ルックアップポート。Salesforce ルックアップトランスフォーメーションを作成するときには、

    Salesforce オブジェクト定義からルックアップポートをインポートします。 PowerCenter Integration

    Service は、ルックアップポートを使用してルックアップクエリを生成します。

    • パススルーポート。トランスフォーメーションにはパススルーポートを追加できます。 PowerCenter

    Integration Service は、これらのポートの値を変更することなくトランスフォーメーションを通過させま

    す。

    • デフォルトポート。Salesforce オブジェクト定義をインポートするときに、Designer では、LKP_FILTER お

    よび LKP_MATCHIDX という名前のデフォルトのポートが作成されます。 LKP_FILTER ポートを使用して、ル

    ックアップクエリにフィルタ条件を追加できます。PowerCenter Integration Service では、一致する行に

    シーケンス ID を割り当てるために、LKP_MATCHIDX ポートが使用されます。

    ルックアップポート

    Salesforce オブジェクトをインポートして Salesforce ルックアップトランスフォーメーションを作成すると

    きには、Designer が、ルックアップクエリで使用するポートを作成します。PowerCenter Integration

    Service が、接続された入力ポートと出力ポートに基づいてルックアップクエリを生成します。 Salesforce

    オブジェクトからインポートしたポートの名前を変更すると、PowerCenter Integration Service はルックア

    ップクエリにそのポートを含めません。

    Salesforce オブジェクトをインポートするとき、Designer が、Salesforce フィールドデータタイプをトラン

    スフォーメーションデータタイプに変換し、Salesforce データタイプをポート属性として格納します。

    Salesforce ルックアップトランスフォーメーションの[ポート]タブにトランスフォーメーションデータタイ

    プが表示されます。Salesforce データタイプを表示するには、ポートレベル属性を表示します。

    26 第 4 章: Salesforce ルックアップトランスフォーメーション

  • Salesforce ルックアップトラン�